スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「L_B_S/名和晃平」 メゾンエルメス

今更書くのも気が引けますが、メゾンエルメス8階フォーラムで開催中の「L_B_S/名和晃平」に行って来ました。

前評判通りというのがまず一番最初に感じたこと。

それにしても大きなヘラジカで、驚いたのなんの。エレベーター降りてすぐに目に入ったので、これは過去最大では!とまず大きさに仰天した。
透明の球体にも素材に違いがあって、本物の巨大水晶玉だったり、ガラスの球体ありで、どれが水晶か探すのも楽しいかもしれない。
しかし、その透明な球体の奥にあるものがまた驚いた。
本物のヘラシカの剥製。
剥製が球体に覆われて、新たな形で永遠に保存されていく。しかし重さは確か4トンだったか?
どこか日本の美術館に買って欲しいなぁ。
この作品が展覧会タイトル部分の「B」=「BEADS」。

「BEADS」の隣にあるのが「SCUM」。意味は泡?上皮で良いのだろうか?
様々な日用品、雑貨にポリウレタン樹脂を吹き付ける。この手法って金氏徹平さんに似てませんか?
手法は同じでも作者の意図は違う。

本展は、Cell(細胞・器)という概念を3つの彫刻で表現するもの。
さしづめ、SCUMは増殖する白い触手か。

3つめの作品は、EVをはさんだ向こう側にあるのは「LIQUID」。
ブロガーの皆さんが夜の鑑賞をお薦めされていたので、私も夜間鑑賞。
その空間にいたのは私だけだった。
ぶくぶくと静かな音がまず聞こえて来た。
プールに泡がある間隔を置いて立ち上がって来る。消えては立つ。
単調な動きにも関わらず見ていて一向に飽きないのは、秩序ある美である所以か?
種明かしは、会場に置いてある案内文に書かれていた。
シリコ-ンオイルを発光させ、グリッド状に泡を発生させる。

見事に展覧会テーマが空間に表現されていた。作家の力を目の当たりにした時の高揚感がたまらない。

*9月23日まで開催中。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

L_B_S/名和晃平

メゾンエルメス8階フォーラムで今日から始まった名和晃平さんの個展「L_B_S」に...

銀座・メゾンエルメス8Fフォーラム「名和晃平「L_B_S」」展を観てきました。

今日は急にフリー。 急なフリーの日はギャラリー巡り。 今日は前から行きたかった 銀座・メゾンエルメス8Fフォーラム「名和晃平「L_B_S...

コメントの投稿

非公開コメント

みっこ様

返信が遅くなり、申し訳ございません。

ブクブク一番好きです。
また見たいモードになってきました。
展示状況と作品内容を考えると、やっぱり夜が良いように思います。

No title

おお、夜ですか!そういう評判は知らなかった・・・
私は昼間行きまして、それはそれでよかったですが。
名和さんはつい最近まで知らなくて、急激にファンになりました。

あのぶくぶくは、引き込まれますよね。
夜、また行ってみたいなぁ。

ogawama様

熱い告白ですね。
名和さんLOVEなのか名和さんの作品LOVEなのか、
両者ともに愛してらっしゃるご様子がブログの記事からも
伝わって参ります。

今回の展示は作品だけでなく、コンセプトが明確だったのが良かったです。

少し醒めた頃に、別の作家さんにも目を向けてみてくださいね。

No title

この展覧会が始まってから、他の現代アートへの関心が薄れています。
今までの「好き」は何だったんだろうと思うくらい、やられちゃいました。
9/23まで、大切な作品たちを静かに見守ろうと思ってます。
そしてこれからも名和さんを追いかけていきたいです。

せいな様

今は夏至が過ぎたばかりなので陽が長いですが、
9月に入れば徐々に夕暮れも早まります。
夜でなくても夕暮時もまた、よろしいかも。

No title

本当に素晴らしい作品ですよね。
私も夜観てみたいなあ。。。
小さい子を育ててる身としては叶わぬ夢です。。

どこかの美術館に買ってほしい。そして数年後夜じっくりみたいです。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。