スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「美をめぐる100年のドラマ フランス絵画の19世紀」 横浜美術館

yokohama
yokohama2

横浜美術館で開催中の「美をめぐる100年のドラマ フランス絵画の19世紀」展を見た。
展覧会公式HPはこちら

ここ数年、横浜美で拝見した展覧会の中では一番良かったです。
横浜開港150周年と横浜美術館開館20周年を記念するに相応しい内容というのはまぎれもない事実。
質・量共に満足行く内容だが、作品の数が相当数あり、しかも大画面の作品が多かったせいか展示室が手狭なため、会期終わりには混雑し作品が見づらい(コーナーで人が重なりやすい)ことも予想されます。
本展が気になっておられる皆様には、ぜひ早目の来館をオススメします。

展覧会の概要は次の通り(展覧会チラシより引用)。
19世紀フランス絵画と聞いて多くの人が思い浮かべる印象派の画家たちとともに、その誕生の礎を築いた”アカデミスム”の画家たちに注目。保守的なものとして単純に理解されがちなアカデミスムの華やかさとその豊かな成果を再確認すると同時に、「保守」と「革新」相互の影響関係こそがこの絵画黄金期を築きあげたのだという、時代の真実を浮かび上がらせて行きます。
世界各地の40!もの美術館から集めた約80点の作品により19世紀フランス絵画の全貌を明らかにするものです。


第1章 アカデミスムの基盤 〜 新古典主義の確立
第2章 ロマン主義の台頭とアカデミスム第一世代
第3章 アカデミスム第二世代とレアリスムの広がり
第4章 アカデミスム第三世代と印象派以後の展開
と19世紀という100年間を4部構成で美術史の流れに沿いつつ作品を紹介。
知らず知らずのうちに、会場を出る頃には、私のような素人でもおぼろげにフランス絵画の歴史が理解できたような気がします。それって凄い!

更に、特筆すべきはめったと見られない名品やアカデミスムの画家による作品が目白押し。
図録を購入するかどうか真剣に迷いました。私が図録を欲しいと思う時はその展覧会に感動した場合です(結局見送りましたが)。

印象に残った作品は個人的嗜好がかなり反映してますが、次の通り。

第1章
・アングル&デゴッフ ≪パフォスのヴィーナス≫
チラシ表の右側裸婦。
NHK「日曜美術館」アングル特集で、この作品と同じポーズをモデルに取らせる試みをしていたのではなかったか。よくよく見ると、首は長過ぎるように感じるし、左側の首下の盛り上がりはちょっと変ではと違和感を感じる点もある。それにも関わらず、やはりこの裸婦には魅了される。
どこまでがリアルでどこからが画家の想像なのか、興味深い。

・アンヌ=ルイ・ジロデ=トリオゾン ≪エンデュミオンの眠り≫
本展では、やたら裸婦・裸体作品が多い。これは、美青年の裸体だが主題は神話。ルーブル所蔵のレプリカだが、大迫力。

第2章
・アリ・シェフェール ≪糸巻のマルガレーテ≫、≪聖アウグスティヌスと聖モニカ≫
私の好みは後者。しかし、こちらは1846年のサロン(フランスでの公募展の始まり)出品作のレプリカ。レプリカでこの出来なら、本物はさぞやと思わせる。

・アンリ・レーマン ≪預言者エレミヤ≫
左端の肌の浅黒い、黒い長髪の若者と預言者エレミヤの神々しさが、とにかく目をひく。画面から人物たちが飛び出してきそう。

他に、レオン・コニエ≪死せる娘を描くティントレット≫、ポール・ドラロッシュ≪クロムウェルとチャールズ1世≫、フランドランらの作品が印象深い。

第3章
・ジャン・ジャック・エンネル
エンネルを知ったのはこの横浜美術館の常設ではなかったか。
私の好きな画家である。今回は≪アベルの死体を見つけるアダムとエヴァ≫≪牧歌≫と素晴らしい作品が2点も来日していて感動。改めて、エンネル好きを再認識した。
特に≪牧歌≫は大作。この絵の前で相当長い時間を費やした。

・フランソワ・ミレー ≪施し≫
これはサイズが小さく、コーナーにあるため、混雑必至ポイント。
しかし、並んでも人の頭越しでも必ずご覧ください。もう何とも言えないミレーが描く農家の一場面。
淡い色使い。

・ジュール・ブルトン ≪休息≫
・クールベ ≪眠れる裸婦≫
クールベも大好きな画家。今回は国立西洋美術館からの1点のみ。こんな作品西美にあったっけ?

・アレクサンドル・カバネル
エンネルとカバネル何だか名前が似ててごっちゃになる。アドルフ・ジュルダンとの共作?≪ヴィーナスの誕生≫の甘さより≪パオロとフランチェスカ≫の方が好み。

・ポール・ホードリー ≪真珠と波≫ 
プラド美術館からはるばる持って来た素晴らしい1枚。何でしょう、この裸婦の蠱惑的な瞳は。どう見ても誘ってます。思わず誘われたら間違いなく付いて行きそう。

・ウィリアム=アドルフ・フグロー ≪フローラとゼフュロス≫
作り物のような完成度。

第3章が一番見ごたえがあり、かつ、気になる作品多数。メソニエの≪フルートを吹く男≫などオランダ絵画かと思わせる作品も出ていて楽しい。

第4章
・フェルナン・コロモン ≪海を見る少女≫
・ラファエル・コラン ≪エリーズ嬢の肖像≫
・カロリュス=デュラン ≪犬を連れた婦人≫
・リュック=オリヴィエ・メルソン ≪エジプト逃避途上の休息≫
・ポール=フランソワ・カンサック ≪青春の泉≫
コランを除いて、知らない作家さんばかり。でも、いずれも印象派と同時期の画家によるもの。

最後を飾るのはモーリス・ドニ≪フィレンツェの夕べ、浴女たち≫。
これが、また大作のドニでとても嬉しかった。エンネルの次に良かった。

*8月31日まで開催中。お早めに。

コメントの投稿

非公開コメント

さちこ様

少しでもお役に立てて良かったです。
今年の西洋絵画展覧会ではピカいちかも。
個人的には西美のルーブルより感動しました(除くラトゥール)。

ミレーの「施し」素敵でしたよね。


◎がついていたので

やはり行こうと思い、行ってきました。
8月2日(日)午前中はすいていたので好きな絵の前へ何度も戻りました。
ジャン=フランソワ・ミレーの 《施し》は印刷物と全然違う空間を感じました。
とにかくすばらしい芸術作品をこの目で見ることができ、ほんとうによかったです!
常設展でマグリットもみることができました。
memeさん
背中をおしていただき、ありがとうございました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。