スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年8月4日鑑賞記録

今日から夏休みをいただいた。連続5営業日、ありがたいことです。

土日に新潟遠征をしたので、今日は午前中諸々の所要を済ませ、午後から鑑賞。
心を入れ替えて、当日見たものはまず記録に残すことにする。
ちゃんと続けられますようにと自分に言い聞かせる。

見たもの順。

・日本橋三越 画廊 Nihonga・京 ⇒ 本日で終了
lysanderさんの気になるリストに入っていたため、寄ってみた。それにしても、作品の出来栄えより値段に驚く。同じ世代の日本画家さん<奥村美佳、岩絵里、三瀬夏之介>でも同じサイズで20万単位で値段が違うのだ。
隣でやっていた彫刻の「虚空蔵展」の方が面白かったかも。薮内左斗司さんの下に集まる方々だそう。藤本明洋さんの作品が好き。
薮内さんの作品に雰囲気が似てるなと思ったら、案の定だった。

・古代オリエント博物館 ユーラシアの風 新羅へ
はじめての美術館シリーズで別記事にします。内容は良いのだが、展示方法と空間が。。。
同じ展示でもMIHO MUSEUMと比べたら、雲泥の差で悲しい気持ちになった。

・スパイラルガーデン 2009 混沌から躍り出る星たち ⇒ 8/8(土)20時まで
今日の中で一番ヒット。毎年恒例の京都造形芸術大学主催の若手注目作家の展覧会。既に詳しい記事を「はろるど・わーど」さんが書いておられる。
参加している全作家を紹介する小冊子が立派。こんな冊子まで貰って無料でいいの?!と感心した。
無論、中身も濃く、面白い。これも詳細別記事。

hpgrp GALLERY東京 元田久治展 ⇒8/30まで
表参道の同ギャラリーで初の元田の新作個展。
私はミュゼ浜口で彼の版画作品に衝撃を受け、今回早速行ってきたが、作品の中心は版画ではなくミクストメディア。つまり、着彩されている1点もの。
「歌舞伎座」を描いたものが一番良かったが、版画の良さが着彩によって失われているように感じた。
まだ、版画でなく絵画に取り組んで2年足らずとのこと。
作家の思考錯誤する姿が浮かんだ。ギャラリー奥には版画作品もあるので、お見逃しなく。

・畠山記念館 「知られざる畠山コレクション」 -唐三彩から秀吉像まで- ⇒ 9/23まで
最初の土佐光起「鶉図」が良かった。
秀吉像は、教科書でお馴染みのもの、重要文化財というが、秀吉の表情が優しい。
「法華経絵巻断簡」(鎌倉時代・重文)も忘れてはならない。仏が天に昇って行く様が特に印象的。
タイトルの唐三彩(今年はなぜ唐三彩の展覧会があちこちで開かれるのか)は緑釉が美しく、美人傭の表情も良い。
他には能装束関連の展示、中でも帯の愛らしいこと。
いつも出てくるお茶関連の作品がなかった。

・東京都写真美術館 「ジョルジュ・ビゴー展」、「旅」第2部異郷へ、「世界報道写真展2009」
「ジョルジュ・ビゴー展」(8/23まで)は作品の多さにびっくり。
噂には聞き及んでいたが、鑑賞にとても時間がかかった。日本を去って以後の作品が珍しかった。
「世界報道写真展」(8/9まで)は昨年も拝見したが、今年もインパクト強い。特にスポーツ部門の写真が良かった。
「旅」第2部(9/23まで)はお薦め。
森山大道など、現在活躍中の作家から、没故作家まで、作家単位に「旅」をテーマに作品を取り上げている。私は3つの展覧会の中で、これが一番写美らしくて好きだった。

*3つの展覧会はそれぞれ会期末が異なるので、ご注意ください。

・ホテル・オークラ東京 「栄光のオランダ絵画展」 ⇒8/30まで
こんなことを書くのは気が引けるが、私はかなり失望。ごめんなさい、これから行かれる方。
この内容で栄光のオランダ絵画って・・・。これで1200円って・・・。
もうこれ以上書けません。黙して語らず。「聖家族」がレンブラント工房作品だろうが、レンブラント真作だろうが構わないのですが、現代のオランダ絵画展かと思いました。
ベストはヴィム・スフーマッハー「アディーネ・ミースの肖像」1933年(INGコレクション)かなぁ。

さて、明日はお盆前ですが、先祖のお墓参りに名古屋へ帰ります。
その翌日から四国方面へ向かい、京都に寄って、東京へ金曜か土曜に戻ります(まだ決めかねている)。

コメントの投稿

非公開コメント

はろるど様

元田展については、はろるど様もご同様でしたか。
これからが難しそうですが、頑張って欲しいです。

オークラの現代アートは・・・。
はろるど様の感想をお待ちしています。

No title

こんばんは。スパイラルの記事拝見しました。私もここ2年ほどしか見ていないのでいつからの企画か知りませんが、なかなか学生さんの卒業修了展とは思えないレベルで楽しめますよね。今年も行って正解でした。

>版画の良さが着彩によって失われているように感じた。

私もスパイラルとセットで見ましたが、memeさんに同感です。色があると画面から受ける廃墟イメージが少し削がれますよね。細かいところも版画の方が精巧なので、その辺も難しいところかもしれません。

>私はかなり失望。ごめんなさい

Takさんのところでも読みましたが、かなり「凄そう」ですね。
覚悟して行ってます!

lysander様

おはようございます。
日本橋三越さんは敷居が高いので、さしもの私も気おくれしましたが、
そこは敢えて聞いてみました。
リストすら見せてもらえず、聞かれたことにしか答えてもらえません。

> 奥村美佳>岩絵里>三瀬夏之介 
→ 前から高い順です。びっくりでしょう。

No title

memeさん
こんばんは

> 同じ世代の日本画家さん<奥村美佳、岩絵里、三瀬夏之介>でも
> 同じサイズで20万単位で値段が違うのだ。
おー、そうでしたか。
私も観てきたのですが、こわくて(?)価格は聞いてきませんでした...(^^;
今度教えてください。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。