スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青木 淳展 「夏休みの植物群」 TARO NASU

TARO NASU東京で開催中の青木 淳展 「夏休みの植物群」を見て来た。
現在都内のあちこちのギャラリーでは「ARCHITECT/TOKYO/2009」と題して著名建築家の建築展が開催されている。
この日は、ギャラリー小柳、小山登美夫ギャラリー、タカ・イシイギャラリー、hiromiyoshiiとまわったが、私のお気に入りはTARO NASU。
TARO NASUは何度も行っているが、本当にハズレのないギャラリー、しかも私はこのギャラリーの空間が気に入っている。
このギャラリーを手がけたのが、今回建築展を開催されている青木淳氏である。

青木さんと言えば、青森県立美術館が浮かぶが、都内ではルイ・ヴィトンの各店舗(表参道、六本木、銀座2店舗)も手がけておられる。

さて、そんな青木さんの建築展は、建築展であって建築展ではない。
他のギャラリーで必ずある設計図面や構想メモ、模型(普通はあるだろう、建築展なのだから)などが一切ない。
あったのは、青木淳デザインの照明とオブジェと平面絵画。

これが実に良い。
思わず買いたくなるほど(買えないけど)素敵な照明で、こんな照明をひとつ家に置きたいと思う。

照明のモチーフはサッカーボール。
電球は全てLED使用。でも、今どきのLED照明はそんなことを露もかんじさせない。
植木鉢から樹の枝のようなブロンズ?にぶらさがっているサッカーボールもどき照明。
軽くタッチすると、照明面が変わり、光量の変化もつけられる。

置くにはサッカーボールが床に直置きされていて、照明を置く場所が少ない場合はこちらがおすすめ。パソコン横でもどこでも置けそう。これが欲しかった(ちなみにお値段は12万程度)!

絵画もまた私の好み。抽象絵画だけれど、色のグラデーションが非常に美しく、展示に映えていた。

1階に全く趣向の違う照明が1点あるが、そちらもチェックをお忘れなく。
この展示は建築を知らない私のような人間含め誰でも楽しめます。
建築展か~と普段尻ごみされる方も含め、ぜひ足を運んでみてください。

TARO NASU大阪も青木さんが手がけているようなので、次回関西へ行った折には覗いてみたい。

*9月5日まで開催中。注:夏季休廊:8/9(日)~8/24(月)、日月祝はお休み。
開廊時間:11:00~19:00

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「青木淳 - 夏休みの植物群」 TARO NASU

TARO NASU(千代田区東神田1-2-11) 「青木淳 - 夏休みの植物群」 8/1-9/5 TARO NASUをデザインした青木淳が、自身のイマジネーションから生まれた「植物」の平面、立体作品を展示します。(画廊HPより一部引用。)TARO NASUで開催中の「青木淳 - 夏休みの植物群」へ行...

コメントの投稿

非公開コメント

panda様

ご無沙汰しておりますが、お元気でいらっしゃいますか?

> 試してみたかった そして蹴りたかった。サッカーボールライト
→ ライト蹴っちゃまずいです~。かわいかったですよね。
  でも、はろるどさんのお好みではなかったみたい。

各ギャラリーで開催されていた建築展の中でも異色でしたが
もっとも素人が楽しめました。
作品の中に建築的要素を見出すpandaさん、さすがです!

明度が変わること

試してみたかった そして蹴りたかった。サッカーボールライト

白い四面体は ツタがからまるイメージか。
あの計算されたフォルムが積み重なる過程が建築的!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。