スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「都市的知覚」 トーキョーワンダーサイト本郷

tikaku

お盆でギャラリーは皆お休み、と思いきや通常通り頑張って開いているギャラリーがあります。
トーキョーワンダーサイト本郷で開催中の「都市的知覚」を見て来ました。

国際的に活躍する卒業生、教授陣、学生8人によって「都市」を題材に「都市的知覚」を表出する試みです。様々に都市を生きるわたしたちの知覚に働きかける。
TWS本郷とともに岐阜県大垣市の情報科学芸術大学院大学が共催しています。

8名の作品中、個人的に気に入った作品(作家)は2つ。

・石原次郎 ≪interMetro≫ 2003年 上記画像は作品の一部で香港にある都市の地下鉄ホーム。
こちらは映像作品。
観賞者は台上に置かれたマウス1つを動かしてクリックする。
すると、スクリーンに世界各国の都市にある地下鉄ホームの映像が映し出される仕組み。
東京なら、赤坂見附、神谷町、銀座などなど。
NY、香港、ペキン、ソウル、パリ、メキシコなど一体全部で何本の映像が用意されているのだろうか?
カーソルを動かす場所によって、選択できる都市が国単位で違うのもポイント。
この仕組みに気づくのに時間がかかり、最初何度か同じ映像を見てしまった。
観賞要領が分かってからは、楽しくて、しかも映像が美しいのでこれだけで、20分以上遊んでいたと思う。

・前林明次 ≪Dreaming on the desktop ♯1≫ 2009年
メトロノームのカチカチ音が2階へ向かう途中から聞こえてくる。この作品は2階の最初の部屋にある。
観賞者は椅子に腰かけ、ヘッドホンを装着すると、5分間の作品が始まる。
机の上にはメトロノームと小さなラジオ。
ヘッドホンから聞こえてくるのは・・・。
ここから先は、お楽しみ。次は何が起こるか分からない楽しさあり。
聴覚ってこんなに敏感だったのかな。

*8月30日まで開催中。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「都市的知覚」 TWS本郷

トーキョーワンダーサイト本郷(文京区本郷2-4-16) 「都市的知覚」 8/11-30 映像やインスタレーションなどの様々な手法で都市を捉えます。トーキョーワンダーサイト本郷で開催中の「都市的知覚」へ行ってきました。 出品作家は8名です。 笹口数、石原次郎、前林明次...

コメントの投稿

非公開コメント

はろるど様

なかなか面白い内容だったのに、お客が誰もいませんでした。
私たちは相当のマニアかもしれません。

地下鉄の方はいくらでも遊べる気がしたし、メトロノームは次にどうくるか
ワクワクしました。
・・・と書いているうちにお客がいなかったから楽しめたんだということに
気付きました。

No title

こんばんは。私もmemeさんの挙げられた二つの作品が印象に残っています。地下鉄は映像の美しさももちろん、見せ方もうまかったですよね。駅はどこも似たような感じなのに、不思議とそれぞれの国の気配が伝わってきました。

メトロノームも良いですね。装置は簡潔でありながらも、耳から色々なイメージの広がる作品でした。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。