スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年9月の振り返り 

遅くなりましたが、9月を振り返ります。
特に良かった展覧会は☆、良かった展覧会は◎、まずまずだった展覧会を○にします。
あくまで私個人の嗜好による評価です。

<美術館・博物館の展覧会> 合計55展覧会
☆「江戸の幟旗展」 渋谷区立松濤美術館
○「十二代 三輪休雪展」 日本橋三越本店
◎「一蝶リターンズ」 板橋区立美術館
○「心の眼」 稲越功一の写真 東京都写真美術館
・「北島敬三 1975-1991」 東京都写真美術館
◎「中国の陶俑-漢の加彩と唐三彩」 出光美術館
◎「トリノ・エジプト展」 東京都美術館
◎「驚異の部屋へようこそ展」 町田市立博物館
・詩人・建築家・立原道造」後期 立原道造記念館
・「知られざる竹久夢二展」 竹久夢二美術館
・「昭和少年SF大図鑑展」 弥生美術館
◎「生誕125年記念 竹久夢二展」 新宿高島屋
・「出発進行!のりもの 本めぐり」 国際こども図書館
・「世界をつなぐ子どもの本」 国際こども図書館
・「道教の美術 TAOISM ART」 3回目 三井記念美術館
○「道教の美術 TAOISM ART」&常設展 大阪市立美術館
・「慶應義塾創立150年記念 夢と追憶の江戸 前期」 三井記念美術館
○「染付」2回目&常設展  東京国立博物館 平成館
○「趙之謙とその時代&常設展&特集陳列」 台東区書道博物館
・「 高島屋史料館展」 後期 泉屋博古館分館
・「名優たちの系譜」 太田記念美術館
・「生誕150年 ルネ・ラリック」 国立新美術館
○「Stuch by Stich」 東京都庭園美術館
・「建築家 坂倉準三展 モダニズムを住む-住宅、家具、デザイン」 パナソニック電工汐留ミュージアム
☆「The ハプスブルク」 国立新美術館
○「THE YOSHIDA FAMILY展 世界をめぐる吉田家4代の画家たち」  三鷹市美術ギャラリー
・「ノエル・ヌエット-東京を愛した仏蘭西人-」 ガスミュージアム 
☆「アンリ・リビエール展」 神奈川県立近代美術館 葉山館
・「国宝鶴岡八幡宮のご神宝」  鎌倉国宝館
・「琳派に魅せられたモダニスト―山口蓬春コレクションを中心に―」 山口蓬春記念館
・「イタリア美術とナポレオン コルシカ島フィッシュ美術館コレクション」 大丸ミュージアム東京
◎「水戸市立博物館コレクション展」 水戸市博物館
☆「冨田渓仙展」後期 茨城県立近代美術館
・「学芸員Aの仕事」 水戸芸術館 
☆「特集 狩野派の世界2009」展&常設展 静岡県立美術館
○「躍動する魂のきらめき・日本の表現主義」展&常設展 名古屋市美術館
○「大正期、再興院展の輝き-大観・観山・靫彦・古径・御舟-」」  滋賀県立近代美術館
☆「若冲ワンダーランド」 MIHO MUSEUM
○「オクサナのほとり」 MIHO MUSEUM
○「物語の森へ-眼で楽しむ日本の古典」 徳川美術館
・「東本願寺の至宝展」 松坂屋美術館
○「クリムト、シーレ ウィーン世紀末展」 日本橋高島屋
・「メアリー・ブレア展」 東京都現代美術館
◎「伊藤公象展」&MOTコレクション 東京都現代美術館
・「ねこづくし展」 江戸東京博物館
○「よみがえる浮世絵展」 江戸東京博物館
◎「熊野三山の至宝 -熊野信仰祈りのかたち-」和歌山県立博物館
○「長澤英俊展-オーロラの向かう所-」 川越市立美術館  
○「長澤英俊展-オーロラの向かう所-」展 埼玉県立近代美術館
○「長澤英俊展-夢うつつの庭」 遠山記念館
・「着物の絵模様物語」展 遠山記念館
・第1回 所沢ビエンナーレ美術展 「引込線」 西武鉄道旧所沢車両工場
○「第五十六回 日本伝統工芸展」 日本橋三越
・「-父子 友禅人間国宝-森口華弘・彦展」 日本橋三越
○「銀座界隈隅ガヤガヤ青春ショー」 ギンザ・グラフィック・ギャラリー  
       
9月の目玉は、」、「江戸の幟旗展」、「一蝶リターンズ」、「The ハプスブルク」、「特集 狩野派の世界2009」、若冲ワンダーランド」の5つになるだろう。
年間のベスト10にも食い込みそう。あと3カ月で今年も終り。

月末に行った展覧会は、書いてないものがいくつかある。近日中にアップ予定です。


続いてギャラリー編。 今月は少なく16展。
◎「「TOKYO PHOTO 2009」 ベルサール六本木
・森万里子「フラットストーン」展 SCAI THE BATHHOUSE
○小池一馬「Trance」 AISHO MIURA ARTS
☆滝上優(たきがみ・まさる)展「-佇む人間-」 日本橋高島屋美術画廊X
・名和晃平展「Transcode」 ギャラリー nomart
・「僕は生きているか?」 石塚智寿 K.S.ギャラリー原宿
・田中真吾 「灯に照らされた闇」 studio90/京都
◎NEW DIRECTION展 ♯1「exp.」 トーキョーワンダーサイト本郷
☆村田朋泰 展 「2」 ギャラリーmomo 両国
・「資生堂ギャラリー開廊90周年記念展 女性アーティスト」 資生堂ギャラリー
・「月人間」展 Lower Akihabara
・長谷川ちか子 「穴・Punica Granatum」 ラディウムーレントゲンヴェルケ
・「Gruop Show」興梠優護、サガキケイタ、助田徹臣、悠久斎 CASHI
・「道草」 彫刻アートプロジェクト(東京藝大彫刻科修士2年) 旧吉田屋酒店
・池田孝友展 「ダルマのカルマ」 ニュートロン東京
・伊吹拓展 「導音」 ニュートロン東京 

仕事の関係で早く帰れなくなり、ギャラリー巡りが困難を極めている。予定していたもののいくつかを見ることができていない。特に清澄のギャラリー群を見に行けなかったのは痛い。
9月の一推しは、滝上優さん、これは2回行って、2回目にご本人と直接お話しすることができた。
私の好きな明治期の彫刻家、橋本平八の作風が似ているとお伝えしたら「よく言われます」とのこと。
滝上さんご本人も橋本彫刻がお好きだというので、やはり似てくるのかなと。
一番の大作、「結び」と「解く」は先に「結び」ができて、その後「解く」を制作。あの微妙なバランスを得るのに苦労したとおっしゃっていた。
ナイスガイな若き彫刻家の今後が楽しみ。やはり鑿あと残る素朴な木彫が好きだ。

村田さんは今後も同じく日本橋高島屋で個展が続くので今月要注目。百貨店は夜8時までなので、大変ありがたい。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。