スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ユーラシアの風 新羅へ」 古代オリエント博物館 はじめての美術館46

shinra

池袋のサンシャインシティ文化会館7階にある古代オリエント博物館に行って来ました。
こちらは「ぐるっとパス2009」の企画展、常設展無料対象施設になっています。

今回初めて同館で開催中の「ユーラシアの風 新羅へ」を見て来ました。
古代オリエント博物館で開催される企画展には、滋賀県のMIHO MUSEUMの巡回展が多いようです。
本展も、東京に巡回してくる前にMIHO MUSEUM⇒岡山市立オリエント美術館で開催されていました。3館とも古代オリエント美術の素晴らしいコレクションを持っています。

展覧会の概要は次の通りです。~チラシより抜粋
韓国「新羅」が持つ特有の文化遺産を東西の遺宝を比較しながら紹介します。また、日本に伝わる大陸文化の流れに新羅が果たした役割なども考えていきます。韓国の国立慶州博物館および国立済州博物館において2008年9月から2009年2月に開催された『新羅と西アジア』展の趣旨と展示品の一部を受け、日本側で新たに構成した日韓共同企画展となります。

作品リストが準備されていないとのことで、いきなり「がくっ」としたが、気を取り直して展示室に向かう。
私が行った日は私自身夏休み初日の平日だったせいか、お客さんは最初私ひとりだった。
がらんとした空間に響きわたっていたのは、韓国(新羅地方?)を紹介するTVの大音量。もう少し観賞者が多ければ、さほど気にならなかったかもしれないが、入っていきなり、ひたすら話まくるTVの存在は相当煩わしかった。ここまで大きな音にする必要性、しかも通路に仕切りも何もなく置いてあるので、展示室のどこにいても聞こえてくるのには閉口した。

そんな悪コンディションではあったが、展示品は素晴らしいものが数多く見ごたえがあった。

印象に残った作品を数点挙げたい。

・「亀甲文紺色ガラス杯」 国立慶州博物館蔵 6世紀
新羅で出土された発掘品。ペルシャあたりから流れ着いたものだろうか。青色のガラスにときめく。

・「ガラス珠付首飾」 国立慶州博物館蔵 5~6世紀
私は古代ガラスに弱いのだろうか。このトンボ玉のような美しいガラス珠にはまいりました。以前MIHOでも同じようなものを見て、いいなぁと思った記憶があります。とにかく色が美しい上に、人面や鳥が閉じ込められているような意匠まである。

・「青銅製狩猟文ベルト」
鳥の絵が見事でした。

・「三彩女子騎馬像」
ちょうど静嘉堂文庫美術館の唐三彩を見た少し後だったので、それらの記憶と比較して観賞。この女子騎馬像は秀逸。

・「装飾宝剣」 国立慶州博物館蔵
チラシ向かって左側の宝飾付き剣。太極マークが気になる。


展示品は素晴らしかったのだが、どうしてもかつて見たMIHO MUSEUMの展示と比較してしまう。本展にも出展されている「鶏をくわえる山猫装飾リュトン」は昨年MIHOで拝見した「聖なる酒器 リュトン展」にも出ていたが、展示方法の違いを如実に感じてしまった。

MIHOで見ておれば、同じ内容でも、もっと感動したように思う。
多分、こちらが普通なのだろうが、ちょっと殺風景な展示だという印象を受けた。

と苦言ばかり申し上げましたが、次回特別展の「ドキドキ!土器っておもしろい-世界の土器の始まりと造形-」展(2009年9月19日~11月29日)はかなり楽しみにしている。
次回はもう少し静かな環境だと良いのですが。。。

*9月6日(日)まで開催中。会期中無休
古代オリエント博物館
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時半まで)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ユーラシアの風 新羅へ」 古代オリエント博物館

古代オリエント博物館(豊島区東池袋3-1-4 池袋サンシャインシティ文化会館7階) 「ユーラシアの風 新羅へ」 8/1-9/6 主に韓国・新羅の出土品を中心に、西アジアから中国、そして日本に至るまでの東西の交流史を辿ります。古代オリエント博物館で開催中の「ユーラシア...

『ユーラシアの風 新羅へ』岡山市立オリエント美術館

1979年に岡山市立としてオリエントの美術館としてオ-プンしました。建物もオリエント美術に合わせられている、すてきな雰囲気を持ちますね。 今回は関西で見損ないましたので追いかけてみました。(笑) 岡山市オリエント美術館特別展『ユーラシアの風 新羅へ』(6/1...

コメントの投稿

非公開コメント

はろるど様

音量は、あまりに気になったので(がらんとしてるから余計響く)、
係の方を見つけて、下げていただくようにお願いしました。
でも、あの場所しか置く所なかったのでしょうか?
別にあそこでなくても良いと思いましたが。

私は東池袋駅で下車して徒歩5分かからない位でしたよ。

No title

こんばんは。夏休みだというのに確かに空いていましたね。
それにしてもサンシャインが池袋駅からあんなに遠いとは…。昔一度行ったきりなので、とても意外な気がしました。

素っ気なかったですが、良いものは出ていましたね。
TVはあまり気になりませんでした。もしかしたら音量を絞ったのかも…。

kazuponさま

コメント有難うございます。
この種の展覧会は貴重なので、おっしゃる通りぜひ継続して
いただきたいですね。
でも、池袋はやっぱりもう少し頑張って欲しい(しつこい)。

サンシャインのオリエントはかなり以前でしたので、記憶に無いのですが・・・本展はMIHOで見損なって岡山で「韓国絵画」とセットでみてきました。少し不満もありますが、各美術館が協力して企画を立ててくれるのは楽しいですね。期待しています。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。