スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小池一馬 「Trance」 AISHO MIURA ARTS

AISHO MIURA ARTSで開催中の小池一馬「Trance」に行って来ました。

AISHO MIURA ARTSは初訪問のギャラリー。都営新宿線曙橋駅より徒歩3分程度です。
先日SCAIに行った際、こちらのDMを見つけて、一目で気になり早速お邪魔して来ました。

ギャラリーHPはこちら。2006年に開廊、オーナーさんも1981年生まれとお若い男性でした。

さて、小池一馬の「Trance(トランス)」。
SCAIにあったDMにとても惹かれた。個展DMにしてはハガキではなく、A42つ折りのサイズで表紙は作品の拡大画像、背表紙には彫刻とアクリルペインティングが。
いずれも、とてもインパクトがあったし、中を開くと作家さん自身の文章がサイン入りで、そしてオーナーからも本展についての文章が掲載されていた。

「これは行かなきゃ。」頭の中ではじけた。

ギャラリーは一軒家を改装したようで1階と2階が展示スペースになっている。
今回の展示作品画像は、作家さんご本人のHPに掲載されていますので、こちらをご参照ください。
1階入口正面には木彫「The oracle」2008年が。
2階にあるペインティングを彷彿させるような細かいうねりが表現されている。

このまま2階へ上がると、思ったより広い空間があって、記憶違いでなければ4点新作のアクリル絵画が展示されていた。

・≪The 8th mountain≫
これが一番大きな作品で182×182cm。かなり好き。編み物のような絵画と言えばいいのだろうか?
一瞬浮かんだイメージはなぜかペルー。
色、特に赤や紫、緑、そして白の使い方が面白い。
そうだ、ブランド「MISSONI」のニットを絵画にした感じに似てるかもしれない。

絵具の盛り上がり具合も平面作品なのに立体感が出ていて、これも良し。

ご経歴を確認したら、幼少期はアルゼンチン、スペインとラテン諸国で過ごしていらっしゃった。
ペルーのイメージが浮かんだ原因はそこにあるのだろうか。

・≪The knit hat≫
これはニット帽とマフラーをした人物と思って良いのか?対象が抽象的、模様のようになっていて何であるのか判然としないがそれも良し。
背景が白の網状になっている。蜂の巣を平たく伸ばしたような感じ、この後、作品集を見せていただいたが、もともと日大芸術学部彫刻科卒業というご経歴で、最初は彫刻や水彩などを多く制作されていたようだ。過去の作品の中に蜂の巣の木彫があり、今にして思えば彫刻作品が絵画という媒体に生まれ変わったというのがピッタリ。
作家の中にあるイメージは、彫刻であっても絵画であっても同じ。表現手法が違えど、同じようなものが観賞者である私に伝わって来た。

・≪The complex housing≫
これも一風変わった絵画。やはり蜂の巣に似ている。
中央に銀色の楕円が描かれていて、これが背景から浮いていた。

・≪[The blessing≫
これは花火に似ている。やはり背景色は白で蜂の巣状。これが一番すっきりした感じ。

1階に戻ると、奥のスペースにも作品が何点もあった。
これらは水彩。水彩は同じ作家さんの作品かと思う程、2階のアクリル絵画とは雰囲気が違う。
過去の個展では、1階にある水彩や木彫がメイン。
アクリル絵画の方が作家としての新境地開拓であった。

水彩は水彩で悪くないが、私の好みからすればやはり、新作のアクリル絵画が好印象。
今後の作品も期待が高まる。
何しろ、作家さんは1980年生まれの若手。

展覧会の案内状にある小池一馬の文章冒頭に「新潟、富山、京都、奈良、和歌山、岐阜を二週間使って周った」とあった。
私もこの夏、ほぼ同じルートを回っていて、次の5連休には和歌山に行く予定。
こんな些細な所にも共通点を見出して嬉しくなってしまった。

かなり気になる作家さんです。

*9月20日(日)まで開催中。オススメです。火~土は21時までやってるから行きやすい!
アイショウミウラアーツ
162-0065 東京都新宿区住吉町10-10
Tel:03-6807-9987
http://www.aishomiura.com
営業時間
火曜日〜土曜日 13:00〜21:00
日曜日 13:00〜19:00
月曜日:休廊日

コメントの投稿

非公開コメント

ogawama様

ogawamaさんの追っかけアーティストでしたか。
やはり、アクリル画が強烈でしたね。
水彩も良いのですが、アクリルの方がより個性的です。

No title

小池さんはしばらく追いかけている作家さんで、ここは会期はじめに行ったので「まだやってたんだ」とびっくりしました。
最近のアクリル画、強烈ですよね。
ミッソーニ、たしかに。
彼の作品にはいつも神性を感じてます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。