スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修学旅行二日目 直島→京都へ

直島二日目。
今日は、家プロジェクトツアーに参加しました。
最初は、宮島達男氏(以下敬称略)の「角屋」。
宮島達男と言えば、六本木にあるデジタルアートと言えば「あぁ」とご納得される方も多いことでしょう。
ここ、角屋では「時の海」という作品を鑑賞できます。
古民家に入り、薄暗い空間にお花のようなデジタル数字が浮かんでいます。
真っ暗な床かと思いきや、そこは水が張ってあり(浅いプールと考えて下さい)底に、電光デジタル数字が刻々と数字を変えながら時を刻んでいます。
数字が変わる速度は、全て違っていて、その速度は120名の直島の方々が各々設定を決めたそうです。

直島では、地域に根付いた住民の方と共生するアートを目指しています。
いや、自然とそこに住む人々とアート三位一体を目指しているのです。

角屋にはもう一つ障子をイメージしたデジタルアートや土蔵に掛軸、合計3点宮島作品を楽しめます。

次は、杉本博司作の護王神社。護王神社は、れっきとした地域の氏神様で神事も行われる神社です。
そこを作品にしてしまうこと、それが許されることが既にすごいです。
こちらは、地下に石室(ピラミッドみたい)があり、中に入ると・・・。
書いてしまうとつまらないので、是非行って確かめて下さい。
この護王神社は先日まで森美術館で開催されていた杉本博司展で模型を見ていたのですが、やはり模型と本物では全く違います!

最後は、南寺。
建物自体は安藤忠雄設計なのですが、昨日も書いたジェームズ・タレルの作品と一体して建てられています。
私は、アートを置く器(建物)を非常に重要視しています。
やはり、良い器はアートを引き立て、更に作品をすばらしくすると同時に、器自体も相乗効果で立派な芸術作品となります。

南寺で、何が体感できるかは書きません。
中は、真っ暗完全な暗闇です。でも、そこからが始まりなのです。
ジェームズ・タレルは本当に凄い!
まさに光の魔術師ですね。すっかりファンになりました。

家プロツアーの後は、再度地中美術館に行って、じっくり作品を鑑賞。
昨日行けなかった館内の「地中カフェ」でお茶を楽しみます。
カフェから眺める瀬戸内の海に心が癒されました。

宿泊したベネッセハウスでは、ギャラリーのように作品が置いてあり、朝食を食べながら、杉本博司の「海景」シリーズを楽しめたり、須田悦弘の木彫「雑草」を横目で見つつ階段を昇るとか、身近な感じ(生活しながら)アートを楽しめる所が気に入りました。
さらに、どこからでも海が見え、波音が聞こえます。

今回のお休みは、ぎりぎりまで日数が決まらなかったのでダイビングは諦めましたが、充分海は堪能できました。
さざなみを見ていると「やっぱり、海が好きだなぁ~」と思いに耽ってしまうのです。

最後に見たのは、ベネッセハウスから程近い海辺にある蔡国強作「文化大混浴」。
中国の太湖石に囲まれた中心にジャグジーバスがあり、予約すれば夜間に入浴できます。
私は予約したのですが、昨夜は雨が降っていたので入浴は諦めました。
この文化大浴場は蔡国強が直島で、風水により一番「気」の強い場所と判断し作品の設置を決めたのです。
中でもジャクジーバスのある地点が「気」の中心部。
ジャクジーバスのお湯は3種類の漢方が入っていて、まさに「癒し」のお風呂なのです。
実際、その場所に立ってみると「ピリピリ」はしませんでしたが、何かすっきりした感じはありました。

そんな訳で、直島で現代アートを満喫し、島を後にしました。

食事編は、旅行の後にまとめて記事をアップします。

コメントの投稿

非公開コメント

海っていいですよね

Sumiさんへ
訪問いただけて光栄です。
同じ海好きと分かって、喜び倍増。
海ってどうして見てるだけで、なごむのでしょう?
不思議です。

Sumiです(念のため)

「一体化」というのはすばらしい試みだと思います。
あと「自然との融合」ですよね。

>さざなみを見ていると「やっぱり、海が好きだなぁ~」と思いに耽ってしまうのです。

↑これ、わかります。私も木に囲まれて川があって、湖もあればハッピーなんて思ってますが、やはり海に行くと同じ気持ちになります。
別にサーファーとかじゃないんだけどねっ。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。