スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小林清親と土屋光逸-師弟による明治のおもかげ木版画展」 礫川浮世絵美術館

KOISHIKAWA

明日まで開催の展覧会記事を続けます。そういえば、大阪市美で開催されている「道教の美術」展もいよいよ明日が最終日だったが、こちらの記事は本日中のアップを断念せざるを得ない。

気を取り直して礫川浮世絵美術館で開催中の「小林清親と土屋光逸-師弟による明治のおもかげ木版画展」に行って来ました。
本展については、すでにとら様が詳細を画像と共にブログにアップされていらっしゃるので、ぜひご覧ください。⇒こちら

土屋光逸の作品は江戸東京博物館で開催中の「よみがえる浮世絵-うるわしき大正新版画展」にも出展されている。
光逸は、15歳で小林清親に弟子入りし、その後30年にわたり清親最後の愛弟子として修業に励む。
当初石版画家を目指すも、病気のため断念。
結果、木版画家として自立したのは60歳を超えてのことだったとか。

美術館の土井氏お手製と思われる「土屋光逸略年表」と「土屋光逸と川瀬巴水の画業比較表」が非常に分かりやすくまとめられている。

私がお伺いしたのは閉館ぎりぎりであったが、館長が熱心に作品解説をされていたので、一緒に途中からお聞きした。

こちらでの展示で目を惹いたのは茅ケ崎美術館からお借りした土屋光逸の写生帖、絵日記、スケッチブック、習画帖などの資料と東京風景シリーズ。

貴重な昭和14年8月作の摺りが発見された「牛込神楽坂」は摺師:後トウ、彫:イケダで戦後の昭和30年再刻摺と一緒に展示されていて、比較すると、その違いが明白。前者に描かれている物干し竿が後者にはない。

「墨田川水神森」「上野公園」「品川沖」「銀座の雨」など主に水を扱った作品が私の好み。

そして、忘れてならない目玉作品がある。
光逸の師匠である小林清親の肉筆画「墨堤雪景」(仮題)。
土井氏によれば、清親研究所に上記作品と思われる記述があるそう。
しっとりした雪景色。
この他、清親作品では「猫と提灯」他数点が一緒に展示されている。

「よみがえる浮世絵-うるわしき大正新版画展」と合わせてご覧になれば、ますます大正新版画に興味がわいてくるでしょう。

注:最初アップした記事にいくつか誤りがありましたこと深くお詫び申し上げます。
 訂正したつもりですが、もしかするとまだ間違いがあるかもしれません。遠慮なくご指摘お願いいたします。

*10月25日(日)までです。お見逃しなく。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「小林清親と土屋光逸 - 師弟による明治のおもかげ木版画展」 礫川浮世絵美術館

礫川浮世絵美術館(文京区小石川1-2-3 小石川春日ビル5F) 「土井コレクション第2弾 小林清親と土屋光逸 - 師弟による明治のおもかげ木版画展」 10/1-25 没後60年を記念し、主に昭和初期に日本の風景を美しく表した『幻』の版画家、土屋光逸の画業を紹介します。礫川

小林清親と土屋光逸ー師弟による明治のおもかげ @礫川浮世絵美術館

 この土井利一コレクションの展覧会についてはこのブログに案内記事を書いた。そして土曜日には、土井氏のギャラリートークに合わせて観にいってきた。  今回の展覧会は土屋光悦が中心であり、その師小林清親の作品は4点のみであった。入ってすぐのウィンドウには清...

コメントの投稿

非公開コメント

とら様

おはようございます。
とら様のコメントにより大変な勘違いをしていると分かりました。
土井コレクションとは、この土井利一さんの個人コレクションですよね。
土屋、土井(版元も土井さん)だったので、頭の中がスクランブル状態に
なってきました。

礫川浮世絵美術館

こんばんは。光逸のような新しい版画家を知ったことも良かったのですが、それよりも土井さんのような愛好家と知り合いになれたことも収穫でした。
ちなみに土井さんはこの美術館の館友として友の会報の編集などをなさっているようですが、もともとは大手ビール会社の社員で海外勤務などもされていたようで、浮世絵のため会社を辞められたという大物です。
礫川浮世絵美術館の松井英男館長は東大医学部卒の医学研究者で、定年後は歯科医の奥様が支えていらっしゃるようです。                      
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。