スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「染野夫妻陶芸コレクション-リーチ・濱田・豊蔵・壽雪-」 東京国立近代美術館工芸館

someno

東京国立近代美術館工芸館で開催中の「染野夫妻陶芸コレクション-リーチ・濱田・豊蔵・壽雪-」に行って来ました。

こちらの展覧会は以前から気になっていたのに、なかなか行けず。
行ってみたら、期待通りの素晴らしい内容で閉館40分前に入館したのに、最後の最後まで粘って5時閉館まで見てました。1時間は必要で読みが甘かったです。

本展は、法律家であった染野義信・啓子ご夫妻が、生前に情熱を傾けて収集された284点の美術品のなかで、とくに近現代陶芸作品を中心とした263点を「染野コレクション」と位置づけ、東京国立近代美術館と山口県立萩美術館・浦上記念館に寄贈された作品約250点を展観するものです。

それにしても、あの一見狭い展示空間のどこにどう250点以上もの作品がおさまっていたのか、今考えてみても不思議ですが、通りで40分じゃ足りないわけです。

染野コレクションの中心作家は、バーナード・リーチ、濱田庄司、荒川豊蔵、三輪壽雪の4名ですが、それ以外にも魯山人、日本橋三越の展覧会も記憶に新しい三輪休雪、清水卯一、藤本能道などなど所蔵していない作家はないのではと思う程。

コレクションの中核をなす4名の作家の中でも、特に荒川豊蔵(42点)と三輪壽雪(45点)の二人の作品は多かった。
冒頭の展覧会チラシに掲載されている4作品。4名の誰の作品か分かったら、あなたはかなりの陶芸通かもしれません。

荒川豊蔵の茶碗特有である「フラミンゴ色」と私が名付けたフラミンゴの羽のようなオレンジがかったピンク色の志野茶碗が、これでもかこれでもかという程、登場します。
へそまがりな私はこの志野茶碗より、むしろ異色な瀬戸黒や鼠志野鶴絵茶碗、黄瀬戸徳利が良かった。

一方三輪壽雪の器は色というより萩茶碗の陶肌に特色があります。
かさぶたのような白いデコボコ。あれは触ったらどんな感じなんだろう。
あまりにも造形が華やかで、私の好みからはちと外れる。

そして、一番私が心惹かれたのはリーチの作品でした。
全部でリーチは11点出展されていましたが、「白磁櫛目茶碗」「鉄釉抜絵巡礼図皿」「天目壺の3点が白眉。
「鹿文タイル」も愛らしかった。リーチのタイルは京都大山崎山荘美術館で見た時から好きだけど、やはり良い。

濱田庄司は私の中で評価を決めかねていて、好き嫌いを言えるほど作品を見ていないので、少しでも彼の作品に接したいとかねがね思っていたところ。
今回は24点が出展。
お馴染の柿釉赤絵角皿や六角花生などに混ざって、これが濱田庄司?という意外な作品に出会えたことが収穫。
お気に入りは「焼〆釉描皿」。カッコ良いのだ。濱田の作品はどこか土臭いイメージがあったが、この焼〆はシュール。泥臭さより乙に澄ましたといったら言い過ぎだろうか。

他に「白釉筆描茶碗」の絵付けが味わい深いし、「塩釉鉄砂抜絵注瓶」「柿釉抜絵皿」、「銅紐鉄絵茶碗」のうっすら緑がかった色など奇跡のなせる技としか思えなかった。

べただけれど、濱田庄司とリーチの二人展ってどこかでやってないだろうか?
ちょっとアンテナを高くする必要を感じてしまいました。


異色作家の作品として忘れられないのは、堂本印象「自刻自彩ちゃわん 抽象」。
堂本印象は作陶も手がけていたとは知らず。
こちらは、京都の堂本印象美術館を一度訪ねばと思いを新たにしました。

それにしても、よくぞこれだけ集めたりと。
単に集めただけでなく「絶えず何かを破り、突き抜けて行こうとする衝動」(染野義信氏)を作品から強く感じ取りながら、また、感じ取ることができる作品の収集を行うというご夫妻の蒐集ポリシーがあったからこその内容でしょう。
コレクターの筋が通った鑑識眼によるコレクションを大変興味深く拝見させていただきました。感謝。

陶芸ファンの方にはぜひとも足を運んでいただきたい内容でした。
11月1日(日)、11月3日(火・文化の日)は無料観覧日、有料といっても、これほどのコレクションが200円の入館料で鑑賞できます。

東京国立近代美術館で開催中の「河原龍夫展」とセットで楽しむのもよろしいかと。
お薦めします。

*11月3日(火・祝)まで開催中。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。