スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土屋仁応 「夢をたべる獏が夢みる夢」 MEGUMI OGITA GALLERY

tsuchiya

銀座のMEGUMI OGITA GALLERYで本日(11/10)オープニングを迎えた土屋仁応 「夢をたべる獏が夢みる夢」に行って来ました。
展示作品の一部画像はこちらで見ることができます。

土屋さんの彫刻を知ったのは今年3月のこと。
日本橋高島屋美術画廊X「シリーズ彫刻/新時代VOL.3」での個展だった。
生まれたての胎児のような動物や爬虫類、そして蓮の花などの木彫作品の数々に魅せられた。
その時の感想記事⇒http://memeyogini.blog51.fc2.com/blog-entry-550.html

その後アートフェア大阪のMEGUMI OGITA GALLERYで新作が発表されると聞いていたが、残念ながら都合が合わず、ユニコーンの方には出会えなかった。

満を持して、待望の個展。
しかし、創作意欲旺盛でいらっしゃる。半年タームで個展を開催されるのだから凄い。
今回の個展案内ハガキの裏面にある作品に目は釘づけになった。
そこにいるのは、最初イノシシ?かと思ったが、個展タイトルに獏とあるのでイノシシではなく獏なのだと気付いた。

しかし、次に獏って実際にいたっけかな?と思い至り、調べてみると空想上の動物、ただし古代中国に本当にいた可能性はあるが絶滅したとか、人の悪夢を食べてくれるとか様々な伝説付きの生きものだった。
すると、この獏は土屋さんの思い描いた「獏」像ということになろう。

更によくよく見ると、獏の背中に何やら小さな小さな人らしきものがうつ伏せになっている。
土屋作品についに人体彫刻が登場か!?
これは、この目で確かめねば~と、オープニング初日だけは19時半までやっているので、これなら何とか仕事帰りでも間に合いそうと早速ギャラリーへ急ぐ。

土屋さんご本人もいらっしゃって、作品についてのお話も伺えたのでインタビュー形式でご紹介します(記憶なので誤りがあったらごめんなさい)。

私:今回は人魚ならぬ人間がついに登場しましたね。

土屋さん:動物だけでなく、色んなものを作って見ようと思って、試行錯誤中です。

私:獏の上に小さな人が寝ていますが、今までにない試みですよね。作品から物語が浮かんできます。
土屋さん:獏をまず作ろうと思って作ったのですが、構想過程で背中に人が乗っかってたら面白いだろうなと思って、小さな人を乗せてみました。

私:土屋さんの彫刻と言えば、胎児のような白い地色が特徴なのですが、色についてのこだわりは?

土屋さん:白っぽい色は、特に動物などでは確かに多く使用していますが、気を付けているのは血が通っているような暖色をどこかに入れるか、または今回の人魚のように寒色どちらかを効果的に使いたいと考えています。


(確かに、例の「獏」≪夢をたべる獏が夢みる夢≫の鼻や耳、脚や尻尾は淡いピンク色が他の場所に比べるとちょっとだけトーンが強くなっています。)

私:人魚の瞳が涙目のようになっているのですが、これは意識されてのことですか?
土屋さん:水晶を使うと、光の加減でそんな風に見えるのだと思います。本当に意識して涙目にしようとするなら接着剤を使えばもっと涙っぽくなるのですが、今回はそこまで考えていなかったです。

私:人間の木彫≪未来人≫は、やはり人間ということで良いのでしょうか?下半身は人魚までは行かないのですが、脚と分かりづらいのですが。
土屋さん:この作品には裸ではなく何か着用させたいなと。それで浮かんだのが天女の羽衣のイメージ。下半身だけ羽衣で覆われている感じを出してみたのです。

私:≪青い人魚≫≪未来人≫どちらも中性的ですね。
土屋さん:人魚は本当なら胸を作るべきなんでしょうが、そうしたくなかった。いらないもののような気がして。

土屋さんの人物彫刻の顔は博多人形を思い出させる。
人形にとって顔は命と言われるが、土屋さんの人物(人魚も含めて)の魅力はその瞳と繊細な表情ではないだろうか。
もちろん、≪青い人魚≫で見せている鱗の彫の細かさ、指先、≪猫≫(生まれたての子猫)の小さな肉球など彫の技術も感動的。


アートフェア大阪で出展され人気だった≪一角”Unicorn”≫の別ヴァージョンも出展されているので、お楽しみに。大きな角がくるんとカーブしている≪羊≫も夢世界の動物でしょう。

本展では、土屋さんの夢世界を彫刻作品によって堪能できます。


なお、来年1月にMEGUMI OGITA GALLERYは、スペースを拡大して銀座2丁目に移転します。
新住所:中央区銀座2-16-2 銀座大塚ビルB1
本展が現在のギャラリーでの最後の展覧会となります。占いの看板があるビルです。見落としやすいので、初めての方はご注意を!

*12月5日(土)まで開催中(日・月・祝休廊)。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「土屋仁応 - 夢をたべる獏が夢みる夢」 MEGUMI OGITA GALLERY

MEGUMI OGITA GALLERY(中央区銀座5-4-14 銀成ビル4階) 「土屋仁応 - 夢をたべる獏が夢みる夢」 11/10-12/5 夢見る彫刻はいつしか見る者を瞑想の世界へと誘います。MEGUMI OGITA GALLERYで開催中の「土屋仁応 - 夢をたべる獏が夢みる夢」へ行ってきました。 土屋仁応...

コメントの投稿

非公開コメント

はろるど様

私に準ずる内容などととんでもないです。

土屋さんは仏像彫刻を学ばれていたようですから
特に人の顔などにその成果が見えるような。
思えば蓮の花も仏像にはつきものでしたね。
蓮の花が欲しい。

新装のギャラリーでは隠し玉(外国人アーティスト)が
登場するそうです。

No title

こんばんは。思いっきりmemeさんのブログに準じる内容ですが、私も拙い感想を書いてみました。仏像を観ると時に中性的だなと思うことがありますが、そうした神秘的な部分が土屋さんの彫刻にはありますよね。
とりあえず冊子をいただきました。メグミオギタの次の新スペースではもっと大きな作品も観てみたいです!

せいな様

こんばんは。
小さい小さいスペースですが楽しめます。
ご感想楽しみにしています!

No title

とても魅力的です。
今度幼稚園の帰りにエルメスギャラリーとはしごをしてみてきます。
息子のことだからきっと色々な解説をしてくれるはずです。
こちらもまた楽しみです!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。