スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「幻の京焼 京都瓢池園」 泉屋博古館分館

hyoutien
大倉集古館の「根来」展と合わせて楽しめる「幻の京焼 京都瓢池園」 泉屋博古館分館に行って来ました。

この展覧会、とっても良いのに絶対チラシとポスターで損していると思う。
とってもはっきり書いてしまうと、チラシのデザインが悪すぎる~。
チラシを見た時には、行くのやめようかと思ったけれど、行ってみてびっくり。
こんなに素敵な京焼の展示は見逃したら勿体ない。
チラシって、展覧会へ行く気にさせる最重要アイテムだと思うんだけど。もう少し考えたら良いのにね。

チラシのことなど杞憂であった。
館内にはかなり多くのお客様がいらっしゃったので、チラシが云々などとほざいている輩は私くらいだったことだろう。

京都瓢池園は、日本の近代陶芸の大立者・河原徳立と実業家の廣瀬満正(住友家初代総理事の長男)の尽力により、明治40年から大正9年にかけての短期間に制作流通したやきもの(チラシより)。
先日拝見した横浜美術館の「大・開港展」にも出展されていた。
参考「大・開港展」エントリ:http://memeyogini.blog51.fc2.com/blog-entry-858.html

京都瓢池園で制作された京焼は活動期間が短かったこともあり、幻の京焼と言われている。
本展では、廣瀬家ゆかりの京都廣誠員に所蔵される代表的な作品約80点を展示し、京都瓢池園の全貌を紹介する初めての試みです。

何といっても、陶磁器のレベルの高さが目を引いた。
京都らしく、乾山風のものもあれば、神坂雪佳風デザインもあり、絵付けデザインが特に素晴らしい。
もちろん、陶磁器の命とも言える陶肌や地の発色も透明感があり申し分ない。
青磁風、白磁風、更には釉薬の研究により、柿釉、鉄釉、桃色釉、乳白釉など様々な色合いの作品が出来上がっていた。
どれも、これも欲しくなってしまう。

更に、京都瓢池園で検索をかけていたらこちらのブログに行きついた。
どうやら、京都瓢池園はオールドノリタケのルーツだとか。
私の好きなオールドノリタケももとをたどれば、京都瓢池園!?もう少し深く知りたい。
今度京都の泉屋博古館に行ったら、図録熟読して来ようと思った。

驚いたのは、浅井忠の存在と関わりであった。
洋画家である浅井忠は、どうやら単に洋画だけを仕事としていた訳ではないようだ。
大津市歴史博物館に行った時も驚いたのだが、大津歴博のミュージアムショップには浅井忠が描いた大津絵のポストカードが販売されていて、これがとても愛らしいのだ。

大津絵と浅井忠が私の頭の中では全く結びつかなかったが、京焼の絵付け図案も浅井忠が携わっていたと分かり、漸く大津絵と浅井忠も結びついてきた感じがある。

浅井忠図案の瓢池園の陶磁器たち、特に≪染付動物絵角形向鉢≫や≪色絵動物四方皿≫などとても愛らしい。

≪染付稲穂に雀文ビール呑≫(新居浜市広瀬歴史記念館)は今回の一推し。
お酒もろくに飲めない私が言うのもなんですが、このビール呑ならビールも美味しく進みそう。

それにしても、明治の工芸品の素晴らしさの一端を垣間見る素晴らしい内容だった。
もっともっと、明治~大正期の工芸品にスポットが当たっても良いのではないか。「皇室の名宝展」で明治の工芸ブームが到来したら面白いのに。
「京都瓢池園の幻の京焼」も「根来」と合わせて楽しめます。

*12月13日まで開催中。

コメントの投稿

非公開コメント

ハニ様

コメント有難うございます!
先程、そちらのブログに再訪したら、関西の
気になる展覧会がたっくさんアップされていて
ウハウハしながら拝見しました。
近日中にお気に入りブログに登録させていただきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

No title

はじめまして。

こちらのブログは以前から拝見していて、
さらに東と西で瓢池園の話ができるって
とても楽しいです。

ありがとうございました。



カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。