スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年 私が観たギャラリー ベスト10

2009年に観たギャラリーから、印象に残った展示を10挙げてみました。
私がギャラリーのベスト10を挙げるのは今年が初めて。これまでは分母(行った数)が少なすぎて、ベストを挙げることなどできませんでしたが、今年は頑張ってギャラリーにも足を運んだのでその記念として振り返りたいと思います。
完全に私個人の好みによるものですから、皆さんそれぞれ思う所があるでしょうが、そこはご容赦ください。

1.「村田朋泰:2」 GALLERY MoMo Ryogoku & 「ゆるゆるズ」 日本橋高島屋美術画廊X

2.「山口英紀展」 新生堂

3.「NEW DIRECTION展 ♯1「exp.」 TWS本郷

4.山田純嗣展「絵画をめぐって-The Pure Land」 中京大学Cスクエア

5. 内海聖史展 「ボイジャー」 eN arts (京都)

6.「さわひらき展」 オオタファインアーツ

7.小谷元彦「Hollow」 メゾンエルメス

8.フジイフランソワ 「コトホギス」 新宿高島屋美術画廊

9. 坂本真澄「体育のじかん」GALLERY MoMo Roppongi

10.「青木良太展」 TKGエディション

次点というか番外「TWS-Emerging」シリーズ TWS本郷

連続して両国のギャラリーmomoと日本橋高島屋と相反する内容で個展を開催して下さった村田朋㤗さんは素晴らしかった。特に両国の方は新境地開拓で、これまでにない内面的なものを呈示し観る者をその世界観にどっぷり引きこんでくれた。

2位の山口英紀さんは今年知った画家さんの中でピカイチ。もともと水墨画は好きだし、中国絵画に強い関心があるのでモロに私の好みにはまった。山口さんとも直接お話ができ、絵画技法や画材、中国での留学中のお話も伺えたのは貴重な経験。来年1月下旬から同じ新生堂で個展が開催されるので、今から楽しみ。

3位でも新たな映像作家さんを発見。宮永亮氏は京都在住。こちらも次の個展に向け準備中とのことで、京都まで追っかけなければならない。
4位の山田さんの中京大学Cスクエアの個展には圧倒された。空間を完全に使いこなし、普段は見せないオブジェも展示されていたが、オブジェは見せない方が良いという声もあったそうだが、私はこの点を評価したい。また、山田さんご本人と直接お話できたこともとても嬉しかった。

大人気の内海聖史さんは、スパイラルギャラリーでの「色彩の下」も拝見したが、私個人としては新しい内海作品を展開して下さって、闇の中から浮かび上がるあの絵画作品を今でも忘れられないため、京都の個展を推したい。

「さわひらき展」ではオブジェも使用して、映像との融合を目指しこちらも新しい試みを見せていただき、個人的にはやはりさわひらきさんの映像は大好きで、新作を堪能できた。
7位、8位は現在開催中のため割愛。いずれもインパクトは大きかったし、フランソワさんに至っては3年ぶりのギャラリー個展。新作もあり楽しめる。

坂本真澄さんも、今年知った作家さん。独特の雰囲気ある表情の人物像とベニヤなどキャンバスだけでなく様々な素材を使用してギャラリー空間全体を「体育のじかん」に仕上げていた。大阪での直近の個展は、「体育のじかん」と比較すると中途半端な感じでそれが残念。

最後は迷ったけれど、青木良太展での青銅器のような陶芸作品を挙げる。小さな器も良いけれど、オブジェ作品も期待したい。

本当はベスト10に入れたかったけれど、別枠にしたのがTWS-Emergingシリーズ。
本シリーズの2階を使用していた作家さんの展示は毎回素晴らしかった(除く12月の方、あれは不気味で、好きではない。鴉の死骸(剝製)が何羽もあるって・・・)。福島沙由美、村上滋郎、海谷慶、小畑多丘が印象深い。

他に資生堂ギャラリー「ヘルシンキスクール・写真展風景とその内側」、メゾンエルメス「名和晃平L_B_S」や小山登美夫ギャラリー「風能奈々」展、日本橋高島屋の「彫刻新時代シリーズ」(土屋仁応、滝上優)、ギャラリー小柳の束芋「House」、MEGUMI OGITA「ホーリー・ファレル」もベスト10には挙げなかったけれど良かった。

来年もまだまだ行ったことのないギャラリーが沢山あるので、適度にギャラリー巡りを楽しみたいと思います。
作家さんをはじめ、各ギャラリーの皆様には御礼申し上げます。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2009年 私が観たギャラリー ベスト10

一年間に見たギャラリーから、印象に残った10個の展示を挙げてみました。 「2009年 私が観たギャラリー ベスト10」 1.「村田朋泰:2」 GALLERY MoMo Ryogoku 2.「池田俊彦展 - 静かなる抵抗 - 」 不忍画廊 3.「TWS-Emerging 122 海谷慶」 TWS本郷 4.「内海聖...

コメントの投稿

非公開コメント

@はろるど様
momoさんのオーナーは本当に番人役だったのですか?
だったら、凄い。
青木さんの個展は作品もですが、展示も上手かった。
東京現代のラグジュアリーも似た展示手法ですが、こちらが先だと思いました。

@せいな様
momoさんはオーナーをはじめ、奥様、ジュニア皆様お人柄が良いので、居心地が
良いですよね。
今年はせいな様のコレクション購入なりますでしょうか。
楽しみです。

No title

momoさんの展示は本当に素晴らしかった。
というかmomoさんの存在が私達親子に「ギャラリーの楽しさ」を
教えて下さいました。
感謝感謝です。

No title

一位は重なりましたね!ですがあれは本当に文句なしの展示でした。
おそらくモモの伝説と化します。

10位には青木さんがランクインですね。
私も最終日でしたが、林立するエンブレムのような陶のかっこよさに惚れました。

年明けの山口さんの展示は今から楽しみです!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。