スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「珠玉の浮世絵コレクション 江戸の彩」(前期) 太田記念美術館

edonoirodori

太田記念美術館で開催中の同館30周年記念特別展「珠玉の浮世絵コレクション 江戸の彩」(前期)に行って来ました。
展覧会HPはこちら。(画像あり)
詳細は後日書きたいと思いますが、非常に見ごたえのある内容です。
前期展示は1月26日(火)までのため速報のみとりあえず。

<本展のみどころ>

1.浮世絵作家による肉筆画ファンは必見
通常同館の肉筆画コレクションは、1階の畳がひいてあるコーナーに毎回5点程が展示されているが、今回は1階フロア全てを肉筆画の展示にさいている。
前期後期を通じて、全48点!の展示は素晴らしいの一言に尽きる。
菱川師宣から始まり、月岡芳年、後期には小林清親の作品も出る。

前期は、鳥文斎栄之や窪俊満、磯田湖龍斎、古河師政、おなじみ北斎の名品を堪能。

2.初期浮世絵から幕末近代までの名品多数
特に注目すべきは幕末から近代にかけての明治期の浮世絵作家作品。
橋口五葉、名取春仙、尾形月耕、小早川清らの大正から昭和までの作品を網羅。

もちろん、歌麿、北斎、春信、清長、国貞、国芳、広重などお馴染の作家の名品も多数展示されているのでご安心を!

3.版本の世界
個人的には版本もツボであった。
菱川師宣の「新板 団扇画様集」など過去に見た記憶がない。
歌川豊国の「役者相貌鏡」も面白いし、何度見ても素敵な喜多川歌麿「潮干のつと」なども楽しめる。

まずは、なかなか他所では見られない肉筆画コレクション目当てに、是非ともお出かけください。
鎌倉国宝館の氏家コレクションの肉筆画に並ぶ逸品ぞろいです。

*前期は1月26日(火)まで、前期・後期と版本以外は全作品入れ替わります。
なお、後期は1月30日(土)~2月24日(水)まで。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

江戸の彩 太田記念美術館

     ―太田記念美術館開館30周年記念特別展―         江戸の彩(いろどり) 珠玉の浮世絵コレクション       平成22年1月3日ー2月24日    に行ってきました。(1/22)       前期:1月3日―1月26日          

江戸の彩(前期) @太田記念美術館 

 開館30周年記念特別展で、前後期で155点展示される。この美術館所蔵の1万2千点のなかから選りすぐられたものばかりである。有名作品も多く、以前に見たものも少なくないが、初期の浮世絵から大正の新版画までの浮世絵の歴史を概観することができる。 この展覧会...

コメントの投稿

非公開コメント

すぴか様

こんばんは。
肉筆画コレクション、素晴らしいですよね。
もし、鎌倉国宝館の氏家コレクションをまだご覧になられて
いらっしゃらないのであれば、ぜひに。
こちらも負けず劣らず素晴らしいコレクションで必見です。

No title

こんばんは。
こちらを読んでなんとしても行きたいと、チャンスがあって嬉しかったです。
肉筆画がこんなに素晴らしいとは、私にとっての大発見でした。
後期全部入れ替えなのですね。早々に行きたいと思っています。

家麿様

おはようございます。
私が行った時は、虎の肉筆画でした。
その前は羅漢像。北斎だけ前期で2回展示替えがあったのです。
後期は・・・思い出せない。でも1枚でした。

東京は本当に展覧会にこと欠きません。
私もずっと愛知県にいたのでよく分かります。

 北斎さんの肉筆も出てるのですか!

 何でしょう?

 私は北斎さんの肉筆画が大好きです!!!

 いいですね、東京は。

 沢山素晴らしい展覧会があって…。

 溜息…。

 でも、Yogini様のブログで楽しませていただいてます!

 いつもありがとうございます!!!





 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。