スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「朝鮮虎展」 高麗美術館 はじめての美術館 67

kourai


京都市北区にある高麗美術館「朝鮮虎展」に行って来ました。

今年の干支、「虎」にかけての「朝鮮虎展」。
朝鮮半島の虎は、古来人々と深く関わり、「龍虎図」「鵲虎図」など、虎を題材とする民話や美術工芸品が今日に伝わり、日本にも伝来。日本では自国内に生息しない虎は早くから興味の対象となり、江戸時代には絵画の画題として多く取り上げられている。
本展では、虎年を迎える2010年、虎の姿を見つめ、朝鮮と日本の関係をさぐるものです。~チラシより引用

・・・と難しいことを並べてみたが、要は虎をモチーフに朝鮮絵画、工芸品をはじめ、日本絵画、やきものを集めそれらを比較展観してみようというもの。

以下印象に残った作品。なお、会場に作品リストはなし。
朝鮮絵画で思い出すのは、一昨年に観た「朝鮮王朝の絵画と日本 宗達、大雅、若沖も学んだ隣国の美」展であろう。
ここで見た素朴で愛嬌のある朝鮮民画の「虎図」はインパクトが大きかった。
そして、今回高麗美術館でこのかわいい「虎図」の仲間たちに大勢出会うことになる。

やはり一番心惹かれたのは「華角函」朝鮮時代(19世紀)である。
明るい黄色基調で。赤と緑、それだけでも十分華やかであるが、よくよく目を凝らすとそこに描かれた動物キャラがかわゆいのだ。虎というよりどう見ても虎シマの猫が近い。
でも、ちょっとポーズを取った所など、本当に憎めない存在。この箱は牛の角を板状に加工し、0.3mmほど薄く、均一に研磨した角紙に色とりどりの絵を施し、木工品に貼り付けて装飾する朝鮮独自の技法だとか。
このぺらんぺらんの紙みたいなものが牛の角でできているとは、到底一見しただけでは分からない。
中に何を入れるのか、どんな場所に置くと似合うかなと考えてしまう。実は欲しかったりする。

そして、木製「騎虎人形」朝鮮時代後期 個人蔵。
これがまた三井寺展で見た「新羅明神坐像」が虎に乗ってる・・・。馬でも牛でもなく虎って乗り物になるのか?素朴な驚きを感じる。荒削りな木彫人形の虎は、虎というより猪に近いかもしれない。それでも、何とも言えない魅力がある。実は、これ「遺体を運ぶ喪輿を装飾し、亡者を守護する役割を担う」という民俗的宗教的に重要なものだった。

虎型の起き上がりこぼしまである。郷土玩具の「みかづきコレクション」から出展されている虎の玩具はどれも表情浴衣で、かわいそうにまるで怖さは感じない。むしろお茶目。玩具だからそれでよし。

さて、絵画は目を見張るような珍しい作品群が多数出展されている。
今回最大の呼び物は、伊藤若冲の描いた鹿苑寺所蔵「竹虎図」と元ネタになっている京都・正伝寺所蔵の伝李公麟「虎図」朝鮮時代(16世紀)が横並びで展示されるという貴重な機会。*チラシ表面上部画像参照ください。
残念ながら、私が同展を訪れた時は、ちょうど正伝寺蔵「虎図」の展示期間外で摸本が展示されていた。

並べてみると若冲のオリジナル部分がより明確になって非常に興味深い。
特に右斜め前方から墨で掃くように描いた樹木や葉の表現は若冲ならではの描法。墨絵の虎の毛は一本一本細く長くきっちり描かれている。また、右下の地面の描写もお手本と異なり、草が草でないような、デフォルメが施された。
この2枚の比較だけでも、来た甲斐はあるというもの。

2月14日(日)の会期最終日にはめでたく摸本でなく本物の2点展示を見終えている筈である。

今回は前期後期と展示替えがあるため、再訪する予定なのだ。
後期はどんな虎たちに出会えるのだろう。ワクワクする。

*2月14日(日)まで開催中。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高麗美術館『朝鮮虎展』

京都の高麗美術館新春特別展『朝鮮虎展』(1/9~2/14)をみてきました。 高麗美術館は、HPから・・・・1988年10月25日京都に開館し、今年で20周年を迎えました。創設者、故鄭詔文氏(1918~1989)が蒐集した朝鮮の美術工芸品はおよそ1700点。そのすべてがこの日本の地で集

コメントの投稿

非公開コメント

kazupon様

こんばんは。
他館からの借り出しは珍しいのですね。
私は次回の「朝鮮の壺」は今から楽しみにしています。
もう少し近いと良いのですが。。。

No title

高麗美術館で他からこれだけ借りてきての展観は初めてではないかと思います。良い内容になっていましたね。ぜひ、またお出かけ下さい。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。