スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シバナンダヨガWS by muku yoga in Nagoya

今日は、Nayogaのイベント「mukuyogaのシバナンダヨガWS」に参加しました。
久々のシバナンダヨガです。
会場は中区スポーツセンターで、AM9:30~11:30。

会場に到着すると、makikoさんの姿が見え早速ご挨拶。
そして、yoggyからはmare先生、koni先生も参加されていました。

程なくWS開始です。
makikoさんの「オーム」で始まり、いつものように呼吸法からです。
まずは、カパラバーティ。
続いて、アヌローマ・ヴィローマ。
呼吸法も普段スタジオの朝ヨガではじっくりできないので、こちらも懐かしさすら感じてしまいました。
アヌローマ・ヴィローマの後、身体から悪いものが抜け出たようなすっきり感があり、呼吸法の重要さを再認識。

呼吸法の後は、いよいよアーサナへ。
いつものようにシバナンダの基本ポーズをやるのかなと思いきや、今日は違っていました!
太陽礼拝と足上げで身体を温めた後、もちろん、最初のアーサナはやはり「ヘッドスタンド」。
ドルフィンポーズで馴らした後、2人1組になってヘッドスタンドの練習です。
私と組んで下さった方は、とても勘の良い方で、こちらの二言くらいのアドバイスで、見事3回目にヘッドスタンドが出来てしまったので、こちらも嬉しくなりました♪
ご本人も「コツがつかめました~」とおっしゃっていたので本当に良かったです。
私の方は、初めてヘッドスタンドから足を横に開脚する所までチャレンジしてみました。
開脚はできましたが、元に戻るのが難しく降りてしまいました。
でも、ちょっとした進歩です。

次のアーサナもお馴染み「ショルダースタンド」と「ハラアーサナ」。
こちらもポーズの進化形を教えていただけ、私はこれが一番今日嬉しかったです。
ハラアーサナで、足を床に着けた後、両手で足指をつかみ、そのまま開脚。
これ、と~っても気持ち良いです。
その後、合掌と言われたのですが、どうすれば良いのか分からず、かといってハラアーサナした状態で周囲を見まわす訳にもいかず、適当に合掌してました。

シールシャアーサナで、じっくり身体を伸ばした後、これまた久々にパリガアーサナ(門のポーズ)に入りました。
私、このポーズ大好きです♪
側筋を気持ちよく伸ばせて、身体が嬉しそうでした。
ラクダのポーズ、魚のポーズ、最後に鶴のポーズ(バランス)で締めて、シャバアサナへ。

やっぱり、シバナンダは気持ち良いですね。
makikoさんの朗々とした声で、お祈りがあって最後は全員で「オウム」です。

今回のWSで、私の斜め前(最前列)にmare先生がいらっしゃいました。
呼吸法で安楽座(先生は蓮華座でした)になった時から、既に他の方とは違っていました。
姿勢が、とてもとても美しいのです。
すっきり伸びた腰から背中、そして首。
頭も背骨の上にきちんと乗っていて、当たり前のことですが、難しい。
私もそうですが、どこか背中が丸まっていたり腰がまっすぐ伸びていなかったり頭が前に倒れていたりするものです。
これは山のポーズでも同じでした。
先生の立ちポーズはとても美しいのです。

ということで、後ろから熱い視線を送ってしまいました。
私もあんな風になりたいです。

koni先生のウェイクアップヨガ

インドのシバナンダアシュラムに約1ヶ月半行ってらっしゃったkoni先生がインドから無事帰国されました。

昨日は、久々にyoggyでkoni先生のウェイクアップヨガを受けました♪

やはりやはり、インド帰りで以前と内容がかなり変わっていました。
今回は、最初仰向けになって足を上下させる動き等が準備運動(?)になってましたが、最近腹筋を使っていなかったおかげで、早速今日はおなかが筋肉痛です。

寝技の後には、おなじみスリヤナマスカラ。
以前に比べるとペースはゆっくりした太陽礼拝でした。
私はシバナンダヨガと言えば、太陽礼拝はペース速めと思っていましたが、教えるスワミによってスピードは異なるそうです。

koni先生が教えを受けられたスワミは、とってもペースがゆっくりで呼吸が続かない程だったとのこと。

もちろん、そこまで遅くはありませんが、割とゆっくり5回いやもっとかな太陽礼拝を行いました。

その後、スタンディングポーズ(英雄のポーズ、三角のポーズ等)に入り、バランス系の木のポーズをやって、再び仰向けに。

お馴染みのショルダースタンド(これはシバナンダらしい)をして、シャバアサナ。
*途中かなりはしょってますが、ご容赦下さい。1日で記憶が薄れました(トホホ)。

次回も期待してます!

21日にNayoga主催でmukuyogaのmakikoさんによるシバナンダヨガWSがあります。
昨日、koni先生から伺って、何とか予約間に合いました~。
こちらも、楽しみです♪

Asian Healing Music

毎週木曜yoggyでの早朝ヨガはFumi先生が担当です。

レッスンではいつも、この「Asian Healing Music」CDの音楽をバックにヨガをします。
一番最初に、心地良い音楽だなぁ~と思い、先生にCDのタイトルを教えていただきました。
そして、それから約1ヶ月経過。
ついに、購入し早速毎晩自宅で聞いています。
このCDを聞いていると、いつしか気持ちが穏やかになりリラックスしています。

ヨガ界では有名な吉川めいさんのセレクトした曲を集めているのですが、ヨガする時はもちろん、読書のBGMにも最適です。

ジャケットにお香が入っているので、CDディスクを取り出す際には、香効果も得られます。

今、一番お気に入りのCD♪
Fumi先生、素敵なCDの紹介ありがとうございます!
YOGA:Asian Healing Music
YOGA:Asian Healing Music

クリパルヨガ ダイナミック 2回目

今朝から東京へやってきました。
この2~3ヶ月東京へ来る日はいつも大雪だったり曇天だったりでお日様をついぞ見かけませんでしたが、今日はこれ以上ないってくらいの晴天。
おかげさまで、新幹線から見た富士山はとても美しかったです。

今回は、夜6時半~クリパルヨガの「ダイナミック」クラスを受けました。
「ダイナミック」は、最初にクリパルさんに行った時に受けて2回目となります。
今回はどんなレッスンだろう~とわくわくしつつスタジオへ。
今日も私を含め4人でレッスンは始まりました。
最初から、前回と異なったのはマットの置き方。
先生の方にマットの短い辺を置くのでなく、長い辺の方を置く、すなわちマットを横長になるよう置きました。
その心は?⇒最後までよく分かりませんでしたが、恐らくスタンディングポーズの指導がしやすかったからではないのでしょうか?(憶測)

今回は、前回に比べるとポーズの数が多かったような気がします。
全部覚え切れなかったので、印象的だったポーズのみ書きます。

1.卍のポーズ 
シャバアサナに入る前に行ったのですが、これは効きました。
やったことがある方はお分かりでしょうが、寝転んで両足を卍の形になるようクロスし、上体は後ろに反らして下になっている足の足首を逆の手で引っ張ります(自分で書いてても分かりにくいです。ごめんなさい)。
かなり長い時間キープしていたのですが、腰がバリバリ音を立てているんじゃないかと思うくらいよく伸びました。
頭が真っ白になって、心地よい痛みの中にどっぷり漬かってました。

2.座って行う前屈のポーズ(ポーズ名は今分かりません)
これまたキープの時間が長いため、三浦先生の誘導に従い呼吸を深め意識を強張っている部分(私の場合は腰!)に向けていったら、ついに顔が膝に触れました♪
ヨガを始めてから夢だった顔が膝につく!この瞬間をどれだけ待ち望んだか。
今日はわずかな時間だったけど、キープを長くして意識と呼吸を深めればもっと長い時間顔がくっつくようになりそうです。


本当は、もっと自分の身体の声を聞きながらポーズを取るのが良いのでしょうが、今日はポーズについていくので精一杯だったかな。

ダイナミックのレッスンで行うシャバアサナは極上のリラックスタイムです。これまた頭が真っ白になって、今日1日の疲れが抜けていきました。

三浦先生とレッスンに出られたことに感謝です。


jyonetsu yoga  初体験

昨日(土曜日)に、jyonetsu yogaさんでヨガのレッスンを受けました。
jyonetsu yogaさんは、一社と八事にスタジオがありますが、私が行ったのは八事の方。
そして、受けたレッスンはおなじみLaurent先生のリラックス。

いつものyoggyで日曜にあったLaurent先生のレッスンがなくなってしまい、平日の水曜と金曜だけになってしまった。
しかも、yoggyでは、当分栄のスタジオが特別レッスンで通常レッスンがないため、受けられるクラスが限られてしまい、「そうだ!jyonetsu yogaに行こう」と思い立った次第です。

本当は、久しくやってないvinyasaのクラスを受けたかったのだけれど、午前中に行った耳鼻科が激混みで3時間待ち。
予定が全てずれてしまい、結局最終レッスンのリラックスを受けることにした。

jyonetsu yogaのスタジオは、天井が高く広々しているのだけど、天井が高い事が災いして肌寒い。底冷えしてしまう。
更衣室は広くて、シャワーまで付いていました。
全体的に、物静かな雰囲気で、いつものyoggyとは違います。
東京の恵比寿にあったmellow beaute(注:今は名前が違います)に似た雰囲気かもしれない。

土曜日にLaurent先生のクラスを受けたくなったら、また行くと思います。
おかげさまで、昨日もリラックスできました。
先生、ありがとうございます♪

フェニックス・ライジング・ヨガ・セラピー

東京二日目の今日は、渋谷のクリパルヨガにて「フェニックス・ライジング・ヨガ・セラピー」を受けました。
「フェニックス・ライジング・ヨガ・セラピー」(長い名前・・・)って何?と思われた方は以下クリパルヨガのサイトをご参照下さいませ。
http://kripalu.jp/yoga_therapy/index.html

かくいう私も上記サイトを読んだものの、具体的には何するんだろう???とおっかなびっくり、でもワクワクしながらスタジオへ。
今日は宮益阪方面の出口に出てしまい、目標のコカコーラの看板がないため「・・・・・」頭が一瞬白くなりましたが、何とか無事時間より早く到着できました。
にしても渋谷って、どこも似ているような気がするのは私だけ?

本題に戻ります。

スタジオに入るとそこにはお布団らしき寝床が1つありました。
ヨガマットはどこにもありません。

三浦先生から最初にヨガセラピーについて説明と受講前に送った質問表への回答について再度確認がありました。
1つのポーズを数分維持しながら、先生の質問に回答していくとのこと。

やってみたいポーズがあれば?との問いに思わず「英雄のポーズⅢ」と答えたのは良いけれど、あれを数分維持するのは絶対無理と思ったら、案の定三浦先生より「それはまた別の機会に」とのお言葉が。
なぜ「英雄のポーズⅢなのですか?」と聞かれたので、昨日のアイアンガーでのレッスンで左右の軸足によってポーズが全然違っていることをお話しました。
すると、本日のテーマが「左右差を感じてみる」ことに決まって行ったのです。
私もテーマとしては異存なく、早速レッスン開始。

まず最初に「身体をスキャン」することから始めます。
私は昨年の7月から3ヶ月間ロルフィングをしたのですが、そこでやったのと同じように足を腰幅に開いて目をつぶって、身体の感覚をたどっていきます。
足裏から始まり、足首、ふくらはぎ、もも、骨盤、腰、腹、胸、肩・・・どんどん上に焦点を向けていきます。

そこでの感覚を忘れずに、先生にどんな感じを持ったかをお話します。
私の場合は、
1.「足裏」での感覚が左右で違うこと
2.右腕が下に引っ張られているように感じる
3.逆に左は肩から上がっているような感じがあること
4.肩が前方に向けてまるまっているように感じること
5.首が真っ直ぐ上に伸びていなく前のめりになっていること
以上5点を感じました。

その後ポーズに入るのですが、左右差を感じるポーズとして「足上げ」が選ばれました。
私は最初「足上げ」と聞いて、バッタのポーズのようにうつ伏せで片足ずつ上げていくポーズを思い浮かべたのですが、実際は逆で、あお向けになって片足ずつ上げていくポーズでした。

目をつぶり右足から上げていきます。
複式呼吸を続けながら、ポーズを維持していくのですが、「もう限界」という所まで、先生のアジャストを受けながら足を伸ばします。
これが痛い、我慢できない痛さではないけれど痛い。
「痛みのある所に意識を向けて」と言われ、一番痛い膝裏に意識を向けます。
すると他の所が気になって、またそちらに意識を向けます。
先生から「どんな感じがしますか?」と質問があるので、思ったままを答えて行くのですが、なんと私はイメージがイメージを読んで、ついに右足が身体から切り離されていく映像が頭に浮かびました。
そして、足の付け根から切り離された右足を上から眺めているのです。

「右足の中に入ってみましょう。」と先生のお言葉があり、右足の中に自分の意識を向けていくと、私の分身が右足の中を旅し始めました。
腿の方に向かって、進み始めて、足の切れ目に腰をかけて足をブラブラさせながら下を眺めているのです。
そこから、また膝に戻って「どうしようかな~」などと考え、痛みがある所をうろうろしていたら、自分には手に負えないと思ったのか、分身君は消えていきました。

右足は垂直に上げて数分、その後右方向に開くこと数分。最後に、左腕を真っ直ぐ伸ばした延長線上に伸ばして数分。
いずれも先生のアジャストがあるため、自分では決して届かない位置まで足を伸ばします。
不思議な事にポーズを変える度、感じる内容も、感じ方も異なります。
あまりの気持ち良さに、頭が真っ白になったり、痛みのあまり過去の苦しかった部活(バレーボール)の練習を思い浮かべたりしました。

右足の後、左足も同様に行いましたが、左足では右足のように足が切り離されるようなイメージは浮かばなかったし、痛み方も痛い所も全く違っていました。

最後は、簡単な瞑想に入りますが、今日行ったポーズの中で感じたことの総括を行います。

私の場合、右足が「休みたい、休みたい」と言っている声を聞きました。
右膝が悪いのに、酷使しているからかもしれません。
なんだか、右足が可愛そうになってきて、もっと労わってあげなければと思いました。

もう1つ、左足のポーズでは骨盤(左腰)が身体から離れない感が強かったのですが、普段の生活で「離したいのに離れないものがありますか?」と先生に聞かれ、しばし考えてしまいました。

身体と心は密接なため、心の状態が投影されることが多いそうです。

レッスンを終了して2時間後、「離したいのに離れないもの」がいくつか浮かんできましたよ。。。

ヨガセラピー、とってもとっても不思議な体験でした。
身体的には、身体が伸びて(フルアジャストだから)気持ち良かったり、きつかったり、内面的にはイメージングの練習にもなります。
心理療法とのことですが、1回ではその心理療法的側面をあまり感じませんでしたが、回を重ねていけばもっともっと心理的側面にスポットが当って行くのでしょう。

長くなりました。
ここまで読んで下さった方、ありがとうございます♪
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。