スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ウィリアム・ケントリッジによるレクチャーパフォーマンス」 広島市南区民文化センター・ホール

今朝から、広島入り。
目的は、年初に見てはまったウィリアム・ケントリッジによるレクチャー・パフォーマンスと海の見える杜美術館の展覧会(奈良絵本&鈴木晴信浮世絵他名品多数)。

海の見える杜は後日アップするとして、忘れないうちに書いておきたいケントリッジのパフォーマンス。
会場は、広島市南区民文化センター・ホール。
ちなみに私は今回初めて広島の地を踏んだので、まるで地理感覚はないが、広島駅から路面電車で約15分乗車、下車後徒歩2分の場所だった。

会場は500名入場可能だとのことだったが、突然のアクシデント(警察でいろいろと・・・)のため、予定より到着が遅れ15分前に着席。かなり来場者が多く、あせったが1人なので良い場所に席が見つかった。

パフォーマンス用のチラシ、ケントリッジ氏のパフォーマンス画像が入ったものまであったとは!これは、受付で手渡していただいた。

今回のレクチャー・パフォーマンスの内容説明がされているので、引用させていただく。
自作のテキストの朗読とケントリッジが登場する映像と本人が共演するパフォーマンスをミックスしたステージ。ゴーゴリの短編戯曲『鼻』(1836年)とこれを原作とするショスタコーヴィチ作曲の同名のオペラ(1930年)が題材となっている。
様々なテキストが引用されているが、特に1937年2月26日の党中央委員会におけるブハーリンの弁明からの引用は、体制の暴力に押しつぶされる知識人の悲劇を象徴し聴衆を深い感動に誘うものがある。

さて、会場に話を戻す。
舞台には、可動式4段程の手すり階段がひとつとスクリーンが設置されている。
階段の手すりのひとつには針金で作られたコップ受け(これが良い味を出していた)と中に水の入ったグラスが入っている。

予定開始時間を数分過ぎたところで、広島市現代美術館担当学芸員氏とケントリッジ氏が一緒に登場。
学芸員さんが関連各位にお礼を述べる中、ケントリッジ氏は、やや厚めの紙ファイルを手に持ち、舞台に設置されたスクリーンの前を右に左に歩く。
そして、歩いているとファイルの中の紙束が数枚、はらりはらりと床に落ちていく。落ちていくペーパーに一瞥くれたかどうか記憶が定かではないが、拾おうとはせず床に落ちた紙はそのまま。

既にケントリッジ本人が登場した時点でパフォーマンスは開始されていたのだった。
学芸員氏の開会挨拶もパフォーマンスの一部のように思えてくる。

本パフォーマンスは、基本的にケントリッジ作成のテキスト朗読劇と考えて良いだろう。
基本的にとしたのは、単に座って朗読するわけではないということ。
表情豊かに、しかも歩いたりはしご階段に登ったり、座ったり、映像の中のケントリッジと共演したりと忙しいのだ。

最初の方で、複数人の自分がいると語る行があり、たとえとして「昨夜泊まった広島のホテルで明日は本番だもう寝たほうが良いと言っている自分とまだまだ宵の口。バーはすぐそこ。さぁ夜の街に飲みに行こうとする自分」とアドリブが入る。
てっきり京都と同じパフォーマンスだとばかり思っていたので、アドリブもありなんだと驚く。

ケントリッジ氏は俳優業を志したこともあったはず。
その演技力、表現力は映像作品やドローイングのみならず、パフォーマンスにも十分に感じられた。
たとえば、言葉と言葉の間合い、発音の強弱などは言うまでもなく、約1時間弱観衆を引き付けておくだけの演技力はあった。

最初はゴーゴリの『鼻』の朗読のようだったが、それが終わるとどんどん難解になり、再びチラシから引用させていただくと、ケントリッジ最新作《俺は俺ではない、あの馬も俺のではない》の制作過程から本パフォーマンスは生まれた作品で、”一種の不条理劇の中に「アトリエの美術家」、「分裂した自己」(前述のホテルの複数の自分)というほかの作品に通底するテーマと同時に、弾圧され歴史から消し去られたロシア・フォーマリズムのユートピア運動への限りない共感と愛惜が込められている”。

大変だったのは、字幕を担当された京都国立近代美術館サイドだっただろう。
何しろ、ケントリッジの言葉の間合いがコロコロ変わるので、字幕を出すタイミングも本人が難しい。
ただ、以前国立西洋美術館で拝聴した同時通訳よりは、はるかに分かりやすい素晴らしい字幕で、ケントリッジ氏の英語発音が明瞭だったこともあり、両方見ながら理解していたが語り内容をきちんと把握されつつ適度な長さでまとめる訳になっていたことに感心する。

背景に流されていた映像作品は、2008年制作のもので、《俺は俺ではない・・・》作品の一部を抜粋していたり、ケントリッジ本人が何人も登場し、様々なポーズをする。
舞台上のケントリッジが映像の中のケントリッジとからむシーンが何度もあり、まさに分裂する自己そのもの。
ケントリッジが映像の中で行っていた様々なポーズは、アトリエでの日常の一場面なのかもしれない。

展覧会場で見た時には気付かなかったが《俺は俺ではない・・・》の中の影絵のようなアニメーションで、レーピンの《ヴォルガの船曳》を引用していると思うような箇所もあった。

ロシアの歴史、フォーマリズムの何たるかを知らないため理解不足は著しいが、やはり足を運んだ甲斐はあったと思う。

パフォーマンスの後に、短時間でも良いから質疑応答の時間を設けて下さったらと残念。
最後の学芸員さんによるあいさつが中途半端で、終わったのか終わってないのか分からないしまりのない終演が気になったけれど、ケントリッジ氏は至って気さくなお人柄のようで、舞台が終わった後、観客からのサインや記念撮影に快く応じておられる姿をお見かけした。


広島市立現代美術館サイドに、今回のパフォーマンス開催に合わせて展覧会閉館時間を1時間か30分遅らせるなどの融通さがなかったのは実に残念。容赦なく5時で閉館した上に、現在常設展示の展示替え中で常設展も見ることができなかったのも残念。
遠方からの来客に対してのアピールや心配りがもう少し欲しかった。

個人的には終演後、twitterでケントリッジ展への多大なる応援tweetを連続されているMomakyotoさんにご挨拶できたのが嬉しかった。生協の白石さんのように気配りのきいた、かつ機知に富んだコメントに毎回感心するばかり。
今日の来場者でMomakyotoさんのtwitter上でのtweetで背中を押された人はどの程度いたのだろうか。


なお、今回の講演は世界各地で演じられているが、都度形を少しずつ変えていて、京都展でのパフォーマンスはアドリブ部分だけでなく他にも若干違っている点はあるとのことでした。

新春スペシャル対談 「真の実力派 柴田是真を応援する」 

zeshin

三井記念美術館で開催中の「柴田是真の漆×絵」展関連イベントの新春スペシャル対談 「真の実力派 柴田是真を応援する」に行って来ました。
■場所:三井別館1階会議室
■講演内容:第1部「基礎レクチャー」三井記念美術館 学芸員 小林祐子 約30分 作品スライド使用
      第2部スペシャル対談 「真の実力派・柴田是真を応援する」 約80分 作品スライド使用
      明治学院大学 教授 山下裕二氏
      武者小路千家第15代家元後嗣 千宗屋氏

簡単ですが、印象に残ったお話をかいつまんでまとめてみます。

第1部 
・戦後日本では忘れ去られてしまった柴田是真。しかし、江戸末期から明治24年に85才で亡くなるまで第1号の帝室技芸員にも任命される評価の高い画家であり蒔絵師だった。この展覧会は、一人でも多くの方に柴田是真を知ってもらいたいという気持ちから企画された。
<忘れられてしまった理由>
①絵画と漆芸のいずれにも活躍したことから、どちらの範疇からも結果的に外れてしまった。
②江戸と明治の時代の狭間に落ち込んだ(絵画と漆芸の狭間に落ち込んだのと同じ)。
③海外に作品が流出し、評価すべき作品が日本に少なくなってしまった。

・絵画の代表作品として挙げられるのは王子稲荷神社に奉納された≪鬼女図額面≫1840年、是真34歳の作品。
今回は損傷が激しいため、出展は見送られたが第2部で山下教授も「筆が走っている。これは別格」とお話されている。即興で描いたように見えるが、本図の下絵が残されており、計算し準備した結果の作品で、ここに是真の性格が見えてくる。
≪鬼女図額面≫は正月三が日と2月の午の日に見ることができるそうですが、山下教授が数年前に見に行った所、「あまりにぞんざいな扱いで驚いた」とのこと。

・是真作品の特徴
①だまし漆器 → これについては美術館HPや図録中にも掲載されているため略。
②粋で格調高いデザイン性 → ≪沢瀉と片喰図印籠≫エドソンコレクションで露の意匠に江戸ガラスを使用している例参照。 
・絵画形式の漆絵
漆独特の濃厚な色彩。漆絵では当時その性質上、赤、黄、緑、黒、褐色(茶)の5色しか出せなかったにも関わらず、あれだけ多様な表現をしている。
是真は、「海外の油絵は耐久性があるが、油を塗り直す必要がある。しかし漆は更に耐久性に優れているので、漆を使用して濃彩の絵画を描けば、素晴らしいものになるに違いない」と考えたという(これは図録の小林学芸員の文章にも掲載されている)。

第2部 対談
・山下教授と千氏のなれそめ。進行は山下教授主導で行われた。
お二人は、1998年千氏がまだ大学生であった頃、山下教授と大学の同級生の方に引きあわされる形で麻布十番にあるグリル満天星で初対面。以後、総武線で千葉市美へ向かおうとする千氏と駅のホームでばったり、そして縁は続いて、千氏は慶應大学文学部で美術史の大学院へ進み、27歳で山下教授の現在の勤務先である明治学院大学で講師をされることとなった。

・是真は千氏にとってどんな感想を持っているか?(山下教授からの問い)
是真作の茶道具は少ないが、茶の湯にも堪能な人だったことが分かる。

日本でより海外でよく作品を見る機会があった。
ここで、例として留学先のNYで昨年夏にメトロポリタン美術館の日本美術ギャラリーの最後のコーナーで「是真特集」が開催されていた話題が出る。千氏が撮影されたメトロポリタン美術館での展示の様子や作品がスライドで紹介されるが、絵画あり漆器ありでなかなか充実していた。
当然、是真ではなくNYではZESHINとして紹介され、千氏にとってのイメージはこのZESHINだとのこと。
メットでの展示を監修したのはオックスフォード大からインターンで派遣されていた蒔絵研究をされている日本人女性。

今回の展覧会を拝見して、明治にしっかりかぶっている画家だったのだと驚いた。
技術の高さをこれみよがしに出さず、ただしそれは奥ゆかしさからではなく、もう少しひねた感じ故だと思う。

対して山下教授。
自分にとっては元々ストライクゾーンに入っている作家であったが、ボールが来てもバットを振ったことはなかった。
(山下教授はきっちりした仕事をする作家がお好きなんだそうです。)
学生時代(1980年)に板橋区立美術館で、若き学芸員だった安村政信氏の監修だったが、以後単独で取り上げた展覧会は本展まで開催されていない。
研究書も数冊程度しか発行されておらず、この展覧会をきっかけに発刊された別冊太陽「柴田是真」(下図)まで出ていない状況。

太陽


・普通の人が見過ごしてしまうような所に超絶技巧を施す。
例:≪紫檀塗交合≫千氏と知遇のある古美術商が扱ってとある個人所蔵家からエドソンコレクションに入ったそうだが、逸話として、蓋表の干割れや鎹は敢えて付けたものと気付いたが、側面の金属のような鎹まで漆とは気付かず、傷があると安く購入したとか。プロまでだます超絶技巧であるが、説明したり言葉に出さない所が真の実力派たる所以。言葉にしたら野暮。

スライドで主に茶道具になっている作品を中心に対談は進む。
・≪瀬戸の意茶入≫個人蔵
竹製の茶入れを是真の技で瀬戸焼を模している作品。蓋については恐らく牙であろうが、はっきりしない。茶入れの重さはわずか42gでX線をとって、縦に筋が付いているためこれは本当に竹製だろうとした。
是真はものの見方まで変えてしまう。本当に本当にそうなのか、実はこれもトリックなのではないか?と疑問を次々に呼び起こす。
笑い話として、「是真の作品を美術館で見るのは老眼にとってきつい」とガラスケースを挟むと老眼鏡をしていると一番微妙な距離なんだそう。

茶入れの話題として、間もなく静嘉堂文庫美術館で公開される藤重の「付藻茄子、松本茄子」や根津美術館蔵蔵の小川破笠が楽茶碗+表面に京焼のテクスチャーを加えた漆芸茶碗などが紹介された。

是真は茶道を江戸で学んでいる。
対談とは関係ないが、私が現在読んでいる村松梢風「本朝画人伝」第4巻(中公文庫)の最終章で是真が登場し、茶道を習うに至るきっかけが書かれている。ある所で茶を出されたが作法を知らぬため、茶を口にせず帰り、早速すぐに茶道を習うことにしたと、負けん気の強さ、向学心の旺盛さが出ているエピソードだった。

・≪砂張漆盆≫エドソンコレクション
sahari

千氏の解説によると、砂張とは東南アジア、中国、朝鮮、でも使用されていて錫、鉛、銅を混ぜた合金のこと。歴史をさかのぼると正倉院御物にも「佐波理」として伝わっているが、成分組成は異なる。
ここで例として舟形の花器が登場。ちょうどこの対談の前に行った江戸東京博物館で野村美術館所蔵の「銘 淡路屋舟」(天下の三舟のひとつ)を見たばかりだったので、ラッキー。
元々舟型花入れはインドネシアの祭器として使用されていたものを見立てで茶の湯に取り入れられるようになった(千氏)。

・忘れられ方がひどい。-山下教授
亡くなって100年しか経過していないのに忘れられ方の進行度が早い(千氏)。
・≪富士田子浦蒔絵額≫福富太郎コレクション資料室
富士山

・山下教授による福富氏の購入経緯
福富氏の奥様が箪笥を買うために、デパートへ向かったが途中、東京美術倶楽部の正札会(東美の中でももっともランクの低い売り立て)でこの蒔絵額が福富氏の目に止まり、「箪笥をやめてこれを買え」ってことになった。
傷みがひどかったので、東京文化財研究所で修理して今回の出展にこぎつけた。
漆は乾燥に弱いのでひび割れる。この額は日本政府が始めて公式参加したウィーン万博に出品され「進歩賞杯」を受賞し、現地で売却されたが、昭和42年に日本に里帰りし、前述の経緯により福富氏の手に入ったもの。
山下教授曰く、「ウィーン万博出品作が東美の正札会に出るという事態がひどい。第1部でこの額を作る前に是真が富士山に登山し、火口付近のスケッチが東京藝大で所蔵されているが、この絵を見ていると登山がまるで役に立ってないのが疑問」。
明治の工芸はどんどん海外に流出している。特に七宝などがそう。

お二人の好きな是真の作品として≪竹葉文箱≫≪琵琶の実文箱≫(エドソンコレクション)、≪蜘蛛の巣図≫(板橋区立美術館)などが紹介された。

最後にまとめとして、是真は漆で描くのに向いている人だった。筆の走る人ではなく、きちんとした仕事をする人だった。例外として≪鬼女図≫はあるのだろう。だまし茶会をやりたい!(山下教授)。


是真のだまし漆器に関連して両氏が挙げた現代アート作家は、千氏が須田悦弘、山下教授はやはり前原冬樹。

「江戸の粋・明治の技 柴田是真の漆×絵」は三井記念美術館で2月7日まで開催中。
1月13日から展示替えで一部作品が入れ替わります。
なお、この展覧会は下記に巡回します。
<京都展>
4月3日~6月6日 相国寺承天閣美術館
<富山展>
6月25日~8月22日 富山県水墨美術館
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。