スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK知っ得講座~くらしの中の美術鑑賞マニュアル『美の壺』のツボ~

NHK名古屋放送局主催のイベント「NHK知っ得講座~くらしの中の美術鑑賞マニュアル『美の壺』のツボ~」に参加して来ました。
「NHK美術番組「美の壺」をテーマに番組の魅力と美術鑑賞のコツを楽しく紹介します。」の謳い文句にひかれ、早速応募したところ、オランダ出発数日前に入場整理券が届きました。

会場はNHK名古屋放送局内のR3スタジオ。TVスタジオに入るのは初めての経験で、まず放送局に入るのも厳重な警備とお出迎えで、びっくりしました。
スーツ姿の会場係員の数は若冲展に匹敵するかも。
私1人が乗ったエレベーターにまで、係員が同乗し、アテンドされます。
「なになに、そんなに凄いの?このイベントって公開放送なの???」と胸が高鳴る。

開始時間20分前には到着しましたが既に場内の座席は半分以上埋まっておりました。
参加者は60名程度でしょうか。何と定員の4倍も申込があったそうです(参加者は抽選で決定)。それを聞いた途端、背筋も伸び、真剣になる私。

イベントは2部構成。
第1部 講演「美の壺」のツボ 
講師:紙屋 聡 (かみや さとし) 
   NHKエデュケーショナル 美術教養部 担当部長 「美の壺」担当プロデューサー
第2部 トークショー「美術鑑賞のツボ」
ゲスト:名児耶 明(なごや あきら)
   五島美術館 理事・学芸部長
他1部講師の紙屋氏、司会NHK名古屋放送局キャスター:前田朱由


このイベント一言で片付けると、「美の壺」の番組宣伝+次週水曜よりJR名古屋高島屋で開催される「NHK 美の壺 名古屋展」の宣伝と申し上げてよいでしょう。

ものは考えようで、宣伝であっても受けて側に得るものがあれば良いのではないかと。
特にゲストの名児耶先生は、お話がお上手でした。

1.氏が語った美術鑑賞のツボ
・ものを見るには自分の眼(視点)で見るという気持ちが必要。
最初は、好き嫌いで見れば良い。分からないことを知りたいという気持ちが大切。

2.専門である「書」について
読めなくて当たり前。まずは、「造形美」を味わうこと。
・読めない → 読みたい → 学ぶ → 読めてくる  
ついでに、ここで1月に発売された「書の見方」(角川選書)の紹介があり。
書

どうしても専門的になりがちな分野を誰でも関心が持てるよう、分かりやすく書いたとのこと。上梓までに2年かかったそうです。

3.身近なものにも美はある
これは番組「美の壺」を始めるきっかけにもなったテーマ。屏風も茶碗も、日本人の身近にあったもの。生活の中にも美を感じて欲しい。


美の壺展で良い表具、悪い表具の比較展示を試みたが、最初悪いと思って準備していた表具が実際に展示され照明を当ててみたら、逆にぴったりマッチして焦った、作品は置き方、間の取り方で良くも悪くもなることがあると展覧会主催者ならではの苦労話など語られました。
内容として新鮮味はありませんでしたが、書の専門家による「書は読めなくていいんだ!」との発言で、今後は書の展示も気楽に拝見できそうです。

第1部の紙屋プロデューサーが語った番組の楽しみ方は以下。
1.本物が伝える美
番組に登場する作品(焼き物、掛け軸等)は全て本物をお借りして、徹底的に本物主義を貫いている。谷啓扮する番組ホストの住まいも重要文化財に指定されている住居で、現在も住居として使用されており、撮影時のみ借用している。
番組では美術館から作品を出し、本来あるべき姿(屏風なら和室、茶碗ではお茶を飲む)で作品を視聴者に見せたかった。

2.ユーモアに苦心あり
谷啓の演技力を絶賛。台本にはない部分を谷啓独自の解釈で表現している所を是非見て欲しい。

3.BGM音楽(ジャズ)
ジャズは不協和音、変調などあってTV番組のBGMに使用するのは難しいと言われているが、日本美術にはなぜかマッチした。ジャズと日本美術には共通する観念があると思う。


「美の壺」展は開催場所によって展示作品が違うようです。これは楽しみ!

発熱

昨日名古屋は大雪に見舞われたため、自宅から一歩も出ることなく1日が終わりました。
その前日金曜から、頭痛、肩こりがひどいと思っていたら、昨日から喉が痛くなり、本日ついに発熱。

休日診療所に行って、検査をしましたがインフルエンザではどうやらなさそう。

点滴を一本打っていただき、今から少し寝ます。
松坂屋美術館のブールデル展に行けませんでした。う~ん。

タイトルのこと 

私のブログのタイトルが気になっています。
「あるYoginiの日常」最初にOCNをプロバイダーにしてブログを始めた時からこのタイトルを付けていました。
ヨガを始めたばかりで「あるヨギの自叙伝」をパクってしまった訳です(ごめんなさい)が、どうも近頃このブログの記事は私の非日常ばかり。

ヨガは1年前のペースがぐっと落ちて週1程度になっているし、内容は美術館展覧会情報がメインになっています。

私の日常は一体どこへ?タイトルと内容が違い過ぎる。。。そんなことが気になってきました。
私の日常は朝から晩まで会社会社会社。
1日の楽しみはランチ。

とても記事にするような話題はございません。

この際、内容に併せタイトルを変えてしまおうかと目論んでいます。
新タイトルは安直に「あるYoginiの脱日常」。
週1ヨガの癖にYoginiを語るのはおこがましいのですが、そこはご容赦いただいて。

いつから変えようかな~☆

久々の更新です

12月から一度も更新せず、一旦怠け心がつくと人間、どんどん堕落していくのですね~。

気が付けば2月も半ばに。

更新しなかった、できなかった理由はいろいろありますが、敢えてここに記載することもないかと。

昨日、漸く新しいノートパソコンVAIO-TypeGでネットできる環境になったので、ブログ再開となった次第です。
それにしても、新しいVAIO快適です。
何より軽い、薄い、長時間バッテリー対応だし、ルンルンです。

携帯のSDカードもそのまま差し込めるようだし、写真のアップが今までより早くなるかも。・・・まだやってないけど。

新たな電脳生活に感謝。

ニューヨーク最終日

NY最終日。
この日の朝食は、B&B(Bed&Breakfastの略)で朝食。
日本人の方が作られる食事は、やはり美味しい!
何でもないサラダとオムレツ+ポートベローマッシュルームのソテーなのに、非常に美味しく感じました。

朝食もそこそこに、すぐに迎えの車が。
こちらの宿では、チップ込み60ドルで空港まで送迎する車を手配していただけます。
ちなみに、行きのタクシーはチップ込みで80ドル支払いましたから、まずまずと思います。

帰りは、マイレージでアップグレードしたため、ビジネスファースト(ファーストクラスの無いビジネス)。
実は、とっても楽しみにしていました。
まず、専用ラウンジで搭乗時間まで待ちます。
広々したラウンジには、各種お飲み物や軽食サービス(バイキング形式)があります。

機内では、やはり椅子に感動しました。
コンチネンタル航空でも、サイパンやグァム行きのビジネスシートとは違い(って乗ったこと無いけど、見ただけで違いが判明)、ボタン1つで、何パターンにも椅子の背もたれやフットレストの状態を変えることができます。
ほぼフルフラットに近い状態にもなるので、本当に楽。
寝返りも打てます。

が、しかし。

楽しみな食事には思わぬアクシデントが。
メインディッシュが配られた後から、気流の悪い所に突入したため、揺れる揺れる。
私は和食を選択していたのですが、お吸い物もお茶もトレイでこぼれるこぼれる。
身体もふわふわ、無重力状態になること数回。
とてもじゃないですが、おちおち食べている状況じゃなかったです。
それでも、半分以上食べた所で、気分が悪くなってきたので、泣く泣く諦め、
その後のチーズとフルーツワゴン及びデザートはパスしました。

乗り物酔いの薬を飲んで、眠るのみ。

帰りの映画は、「海猿2」機内の画面は小さいので、ちょっと迫力にかけましたが、見たい映画だったのでラッキーでした。

が、この後更なるアクシデントが。

成田⇒名古屋間のノースウェスト便が、機材不良の為、キャンセル。
当初、18時10分発の便がキャンセルでしたが、幸い18時半発のJAL便に振り替えられ(これも搭乗券貰うまで紆余曲折あり)、振り替えの乗客が多数発生したせいで、大幅に出発が遅れ、結局名古屋の自宅にたどり着いたのは、22時でした。

12月 そしてNew York

6年ぶりに4泊6日でNYへ行って来ました。夏休みをまだ取っていなかったので、遅い夏休みです。
名古屋からNYは北東方向にあたり、六白金星(私の本命星)の12月月盤によると、北東報告は吉方位ですが、年盤では凶方位の本命殺に当ります。
気学の先生に相談した所、年盤の凶作用が出るかもしれませんが、大丈夫でしょうと言われ、出発しました。
絶対駄目と言われても、行ってたと思うけど。。。予約したのは8月だったし。い

1日目
名古屋 ⇒ 成田 ⇒ ニューアーク(コンチネンタルの直行便はこの空港発着)
成田では4時間半程の待ち時間を利用して、昼食やボディとヘッドマッサージなどして、時間をつぶしました。
搭乗前のマッサージは、オススメです。特にヘッドマッサージは、とてもリラックスでき、眠くなります。

今回は、正規の割引運賃チケットなので、事前に座席指定した甲斐があり、エコノミーでも足が伸ばせる非常口付近の席でした。
これが効を奏し、12時間半という長時間のフライトも割と楽でした。
ちなみに機内では映画「プラダを着た悪魔」を堪能。メリル・ストリープいいです!

ニューアーク空港に到着したのは、現地午後4時半頃、元々出発便が30分遅れで出発、到着は定刻20分遅れでした。
で、ここからが大変。現地の方とその日の夕食をご一緒することになっていたので、早速連絡しようと、公衆電話に向かったのですが、携帯へつながらない。なぜか、お金だけ吸いこまれて、英語のアナウンスが流れ電話が切れるのです。オペレーターを通して通話を申込んでみましたが、こちらの英語が拙いため、埒があかず、これも断念。
宿泊先のマンハッタン(ミッドタウン)へは、シャトルサービスで向かう予定でしたが、連絡しても、迎えが来ず、30分待って来なかったのでキャンセルし、結局タクシーを使うことになりました。
・・・こんなことなら、最初からタクシーにすれば良かった。
ツアーでないと、こういう時は不便です。

タクシーの運ちゃんが、結構良い走りをしてくれて、渋滞の中、1時間弱で宿泊先のホテル(Millenium UN Plaza)に到着。マンハッタン東側はニューアークから遠いので、運ちゃんは文句言ってましたが、チップをはずんで気持ち良くお別れです。

33階のお部屋に入ると、何と何とめちゃ広い!
しかも角部屋(多分コーナースイートを2つに分けた1室)のため、窓が2方向にあります。入って右側には、イーストリバーを挟んでクイーンズ方面を臨み、足許には、国連本部が、正面窓からは、クライスラービル、エンパイアステートビルまで見えます。
しかも、ホテルなのにキッチン付きで、食洗器、オーブン等付いてました。
スタンダードの部屋を予約したのですが、ランクアップしたみたいです。
ラッキ~☆☆☆
ただ、上記キッチンには、お鍋やポット、ナイフなど必要な道具は備えられておらず、有料で借りる必要があったため、無用の長物でしたが。

お部屋の電話から、早速知人の携帯に連絡を。今度は、ちゃんとつながって、待ち合わせ場所を決め、早速夕食に出かけましたが、この時点で既に夜7時近かったです。
最初、ラジオシティーで開催されているクリスマスショーなどを知人の方は考えていたようですが、ショーを見たら寝てしまいそうな状態だったため、すぐに日本料理(!)のお店「竹生」で落ち合いました。
NYのど真ん中で、日本料理。
あん肝やお刺身、西京焼きなどつまみつつ、話に花が咲き、楽しい時間を過ごしました。
しかしこれが、NYで食べた1番美味しい食事なろうとは。。。

食事の後は、有名なロックフェラーセンターのクリスマスツリーを見に行きました。
写真を撮ったのですが、後で見たら、思いっきり人の顔が入っていて、画像を掲載できない羽目に。ごめんなさい。

この日のニューヨーク夜は、とっても冷え込んで、歩いていると耳がちぎれそうな感じでした。にも関わらず、夜11時を過ぎても、5番街はすごい人出で、子供も大人もツリーを見に来てました。

続く。

11月

久々の日記更新。

とうとう月が変わっていました。
10月3連休の最終日(9日)に、鶴舞図書館正面玄関前にて、段差に気付かず足を踏み外し、右足首の靭帯を切りました。
それからというもの、3週連続土日休みは自宅でじっと過ごすことに。

しかし、このケガ悪い事ばかりではありません。
むしろ、いろんなことを私に気付かせてくれました。

1つは、ゆっくり歩いていいんだということ。
超早歩きの私でしたが、ケガしてゆっくり歩いてみたら、早く歩くのとあまり変わらないことに気付いたのです。
5分かそこら早く到着しても何も変わらないのです。
むしろ、ゆっくり歩くことで、自然を楽しんだり、他の事もあせらずできる様になりました。

2つめは、いろんな人に支えられていると改めて気付いたこと。
職場の皆にも、お友達にもケガをして以来、本当にいろいろ助けてもらいました。
いろんな人に、日々支えられていることを改めて実感し、感謝しています。

ギプスが外れたのは一週間前ですが、一進一退。
のんびり足を労わって、付き合って行こうと思います。

誕生日

あと1時間で39歳の誕生日が終ります。
30代最後のこの1年、どんな1年になるのか、そしてどんな風に自分を成長させていけるのか、振り返った時「あの時の私があったから今がある」そんな風に思えたらいいな。

いくつになっても誕生日は嬉しい。
お祝いの言葉やケーキを贈ってくれた職場のみんなに心から感謝します。
ありがとう☆みんな大好きです。

陶芸体験 in 常滑

会社の送別旅行で、1泊2日の南知多(師崎)へ行って来ました。

毎年この3月に行われる送別旅行は部内の4つの課全て参加のため、今年は40名強が出席しました。
旅行と言っても、要は宴会をしに行くのが目的なので、あまり気がすすむものではありません。

ただ、今年は課独自のプレ企画で常滑市(とこなめしと読みます)で、陶芸体験をして来ました。
*常滑市には「常滑焼き」という焼き物があります。

これが思った以上に面白かったです。
最初は、職場の男性が陶芸に取り組んでくれるのかなぁ~と心配していたのですが、意外や意外、みなさん予想以上に真剣にかつ楽しく作陶に励んでおられました。
「陶芸セラピー」なるものもあるそうですが、確かに土と向かい合っている時間は、それだけに集中でき雑念を忘れ、土をこねることで、何か発散できるような感じがしました。

今回は2時間コースだったので、ろくろを使用しない手びねりとお皿作りをしました。
私は、最初コーヒーを入れるマグカップを作ろうとしたのですが、思ったより大きくなったきたので、1個目は酒器、2個目をコーヒーカップ、余った土で、箸置き2個と書類文鎮1つを作りました。
土は3種類(赤土、白土、あらめ土)から選び、選んだ土によって、完成品の仕上がり、質感、素材感、色(同じ釉薬をかけても)が異なります。
釉薬も7~8種類から選べます。

先生が指導して下さるのですが、なかなかこれが難しい。
やはり慣れなのか、1つ目より2つ目の方がこつをつかめた感じです。

焼きあがりは、4月22日。
職場に、みんなの作品が送られてきます。
開梱するのが、今から楽しみ♪

写真は、全員の作品です。20060312112155.jpg
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。